山口百恵

山口百恵20歳

山口百恵20歳記事一覧

二十歳のバースデーパーティーで花柳糸之師匠創作の「寿初春」を舞う!

昭和54年1月17日この日は山口百恵の誕生日。それも20回目の。そうだ。日本の芸能界のトップに君臨し続けている山口百恵が、ようやく二十歳になったのだ。その存在感、佇まいからしてとうに成人しているものと思っていた人も多かっただろう。しかし、山口百恵はこの日やっと、大人の仲間入りをしたのだ。「麗しき二十...

≫続きを読む

 

篠山紀信が時代と寝た女≠激写!

この御方を、どなたと心得る石立鉄男?無礼者!それはただのワカメらーめんのおっさんだ!ひかえおろう!こちらにおわすは脱がしの天才℃ツ山紀信大先生であらせられるぞ!男なら誰しもがこのお方のお世話になっているはずだ。それも1度や2度の事ではないだろう。あの宮沢りえも「宮沢りえ サンタフェ」高岡早紀も「高...

≫続きを読む

 

若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代そして山口百恵の日本の女

1977年から1985年までの約8年にわたってフジテレビで放映され絶大なる人気を博していた「平岩弓枝ドラマシリーズ」このシリーズの一環としてオムニバス形式の「日本のおんなシリーズ」全6話が1979年4月から放映された。主役を演じるのはもちろん日本を代表する大物女優陣。まずは「夕顔の女」で若尾文子「下...

≫続きを読む

 

平岩弓枝ドラマ「北国から来た女」で中島久之に抱きつく?

平岩弓枝ドラマ「日本のおんなシリーズ」で豪華女優陣の仲間入りをして主演を演じることになった山口百恵。山口百恵が主演に抜擢されたドラマはオムニバスの「北国から来た女」そして百恵が演じるのは青森の孤児宮川あずさ≠「きなり「孤児」ということでまたもや不幸な女性の物語かと思いきや・・・身寄りもなく一人で生...

≫続きを読む

 

普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!

普通のおばさん、いやいや主婦が山口百恵と三浦友和に囲まれる?東宝のドル箱に定着した百友映画<Sールデンコンビと呼ばれた山口百恵と三浦友和の共演映画は必ず大ヒットする。それが当時の映画界の常識であった。「伊豆の踊子」に始まった百友映画≠フほとんどは文芸作品の映画化。だが、東宝は新たな試みに臨んだ。...

≫続きを読む

 

『ホワイト・ラブ -White Love』のあらすじ

百友映画第10弾が昭和54年8月に公開された。タイトルは『ホワイト・ラブ -White Love』原案が素人の主婦・中川美知子さんが書き下ろしたシナリオという異色の作品だ。では、『ホワイト・ラブ -White Love』のストーリーを簡単にご紹介しましょう。主人公は山口百恵演じるスタイリストの上村忍...

≫続きを読む

 

情熱の国スペインで三浦友和とデート?

映画『ホワイト・ラブ』のロケ撮影でスペインに飛んだ山口百恵と三浦友和。限られた期間で撮影を終えなければならない二人のスケジュールは過密なものだった。だが、それでも山口百恵と三浦友和は、撮影の合間のわずかな時間を見つけては二人で観光や買い物を楽しんだという。山口百恵にとっては初めてのスペインだったが、...

≫続きを読む

 

宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で絶世の美女クレオパトラを演じる!

昭和54年8月25日 夏の恒例行事となっていた「百恵ちゃん祭り」の第5回目が新宿コマ劇場で開催された。この年の百恵ちゃん祭りも8月31日の千秋楽まで1週間連続で公演される長丁場であり、例年にも増して百恵の熱の入れようは凄まじかった。直前期は連日深夜まで稽古に励んでいたという。舞台は例年同様にミュージ...

≫続きを読む

 

山口百恵・三浦友和熱愛を写真週刊誌がスクープ!!

1979年10月19日ついに歴史は動いた・・・事件発生前日の10月18日。その日の関東地方は季節外れの台風に襲われていた。男は風邪をこじらせ、自宅で寝込んでいた。男の家には一人の女性がいた。そう。病床の男を看病するために。夜が明けた東京。嵐は過ぎ去り、町は静けさを取り戻していた。男と女は、その日も家...

≫続きを読む

 



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳