日本テレビ音楽祭で「愛の嵐」の山口百恵がトップアイドル賞を受賞!!

日本テレビ音楽祭で「愛の嵐」の山口百恵がトップアイドル賞を受賞!!

日本テレビ音楽祭で「愛の嵐」の山口百恵がトップアイドル賞を受賞!!



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

昭和54年8月23日

 

第5回日本テレビ音楽祭が開催された。

 

 

 

 

 

 

 

毎年夏に開催されるこの歌謡賞レースには、その年にヒット曲を飛ばした蒼々たる歌手が一斉に出場する。

 

第5回目となる日本テレビ音楽祭の出場歌手もまさに豪華そのものだった。

 

 

 

 

郷ひろみ

 

 

 

     「いつも心に太陽を

 

 

 

 

 

 

小林幸子

 

 

 

 

     「おもいで酒

 

 

 

 

西城秀樹

 

 

 

 

     「ホップ・ステップ・ジャンプ

 

 

 

 

ジュディ・オング

 

 

 

 

     「魅せられて

 

 

 

 

野口五郎

 

 

 

 

     「女になって出直せよ

 

 

 

 

八代亜紀

 

 

 

 

     「舟唄

 

 

 

 

中原理恵

 

 

 

 

     「SHOW BOAT

 

 

 

 

渡辺真知子

 

 

 

 

     「別れてそして

 

 

 

 

サザンオールスターズ

 

 

 

 

     「いとしのエリー

 

 

 

などなど。
昭和の歌謡史に燦然と輝く大物歌手ばかりが一堂に会した。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

この日本テレビ音楽祭では最も優秀と認められた楽曲に与えられる「グランプリ」、歌唱力に優れた歌手に与えられる「歌唱賞」、将来性が期待できる歌手に対して授与される「金の鳩賞」など様々な賞があるが、視聴者が最も注目していたのが雑誌『月刊明星』読者の投票により決定する「トップアイドル賞」だ。

 

他の賞は誰がどういった選考基準で選ぶのか不透明なところがあるが、この「トップアイドル賞」はファンの直接投票によって決まるのだから最も民主的な賞といえる。

 

ある意味「グランプリ」以上に価値がある賞と言ってもいいだろう。

 

 

 

しかし、この年のアイドル賞レースは熾烈を極めていた。
ノミネートされたアイドルの顔ぶれを見てほしい。

 

 

 

石野真子

 

 

 

 

     「ワンダー・ブギ

 

 

 

 

渋谷哲平

 

 

 

 

     「ヤング・セーラーマン

 

 

 

 

ピンク・レディー

 

 

 

 

     「波乗りパイレーツ

 

 

 

 

榊原郁恵

 

 

 

 

     「ラブジャック サマー

 

 

 

 

桜田淳子

 

 

 

 

     「 MISS KISS

 

 

 

まさに圧巻。
まとめて叩き売らなければ商売にならない現代のアイドルとは違い、この当時のアイドルには一人一人に圧倒的な存在感、代替性のない価値があった。

 

 

 

例えばブギウギ・シュワッチ ブギ・ドゥワー〜♪≠ネどと歌っていたのが石野真子でなければウルトラマンの妄想にとりつかれた頭のいかれた女と思われ病院送りにされていたに違いない。

 

胸ゆれゆれサーファーガール〜♪≠ネどと歌いながら踊っていたのがピンクレディー以外のユニットだったら間違いなく公然わいせつ罪で逮捕されていたはずだ。

 

とにかくこの時代のアイドルはそれぞれが唯一無二の存在≠セったのだ。

 

 

 

しかし、この絢爛華麗なメンバーの中にあってもひと際輝きを放っていた歌手がいた。

 

そう。

 

山口百恵だ。

 

 

 

 

 

 

     「愛の嵐

 

 

 

 

」と書いてジェラシー

 

 

 

並みいるアイドルをまさに嵐で吹き飛ばすように圧倒していた山口百恵。

 

どんなに歌が上手くても、どんなに可愛いルックスをもっていても山口百恵に勝てるアイドルは存在しなかった。

 

当時のアイドルは誰しもが山口百恵に対して炎を燃やしていたに違いない。

 

 

 

 

 

受賞者の発表の瞬間が来た。

 

 

 

 

 

「いま日本で一番名前が知られているスターに『トップアイドル賞』が与えられます!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵が「トップアイドル賞」を獲得するのは火を見るよりも明らかだった。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

二十歳のバースデーパーティーで花柳糸之師匠創作の「寿初春」を舞う!
山口百恵の二十歳の誕生日パーティーが東京虎ノ門のホテル・オークラで盛大に開催された。山口百恵はこの日のために花柳糸之が創作した日舞「寿初春」を披露した。800名の参加者はその美しさに魅了された。
篠山紀信が時代と寝た女≠激写!
写真界の鬼才・篠山紀信が「時代と寝た女」と評した女優・山口百恵。百恵に特別なものを感じた篠山は14歳から百恵を撮り続けた。百恵が二十歳の時、NHKは篠山が撮った山口百恵の写真のみで構成する「激写」という番組を放映した。
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代そして山口百恵の日本の女
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代が主演を務めた平岩弓枝ドラマ「日本の女シリーズ」。この豪華女優陣に肩を並べて山口百恵が「北国から来た女」で最年少主演女優を務めた。
平岩弓枝ドラマ「北国から来た女」で山口百恵が中島久之に抱きつく?
平岩弓枝ドラマ「日本のおんなシリーズ」のオムニバス「北国から来た女」で主演に抜擢された山口百恵。名誉なことではあるが、腑に落ちないのが相手役の中島久之。赤いシリーズなどではとにかく嫌な奴だった中島久之がなぜ山口百恵の恋人に?
普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!
山口百恵・三浦友和共演映画10作目のシナリオが一般公募された。当選したのは29歳の普通の主婦・中川美知子さんが書いた「ホワイト・ラブ」。応募総数1万1千編の中から選ばれたこの作品は大ヒットした。
『ホワイト・ラブ -White Love』のあらすじ
山口百恵演じるスタイリストの上村忍と三浦友和演じる山野辺健。二人はそれぞれに事情を抱えてスペインに飛んだ。忍は家族を捨てスペインで暮らす余命いくばくもない父に逢う。一方、健はスペインで別れた元恋人の多恵子と偶然に再会するが・・・
情熱の国スペインで山口百恵と三浦友和がデート?
映画「ホワイト・ラブ」の撮影でスペインにいった山口百恵と三浦友和。二人は撮影中のみならず、プライベートタイムでもアツアツムード全開だった。百恵と友和は撮影の合間の僅かな時間を利用してスペインの街でデートをしていた。
宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で山口百恵が絶世の美女クレオパトラを演じる!
ベルサイユのばらで宝塚ブームを巻き起こした植田紳爾氏が第5回百恵ちゃん祭りの演出を手掛けた。題材は古代エジプトの悲劇の美女クレオパトラの生涯。政治に翻弄されるクレオパトラを山口百恵が見事に演じ切った。
愛が詩にかわる時℃R口百恵が帝国劇場での初のリサイタルで突然の告白!
帝国劇場での初のリサイタルで山口百恵は恋人がいることをファンの前で告白した。実名こそは明かさなかったものの、誰しもがそれは三浦友和のことであると信じていた。山口百恵は三浦友和との恋を隠していることが辛かったのだ。
山口百恵・三浦友和熱愛を写真週刊誌がスクープ!!
山口百恵と三浦友和の交際がついに明らかになった。三浦友和の自宅マンションでの密会を写真週刊誌に取られたのだ。二人の熱愛スクープ写真は日本中を駆け巡った。そして山口百恵はファンに向けて三浦友和との交際宣言をしたのだ。
山口百恵が恋人宣言!ついに三浦友和との交際を激白
写真週刊誌に熱愛写真を撮られた翌日、山口百恵は大阪のコンサート会場でファンに向けて三浦友和との恋人宣言をした。
恋人宣言後の山口百恵・三浦友和が映画撮影に
恋人宣言直後の山口百恵・三浦友和が映画『天使を誘惑』の撮影に入った。同棲生活を通じて愛し合い、傷つけあう男女の日常生活を演じる山口百恵と三浦友和の演技にファンは釘付けになった。
「天使を誘惑」のあらすじ
佐野恵子(山口百恵)は貧乏なフリーライター上杉浩平(三浦友和)と同棲生活を送っていた。恵子は浩平に尽くしていたが、浩平には結婚する気も子供を作る気もない。それでも恵子は浩平を愛し続けた。
婚前旅行?山口百恵と三浦友和がハワイでグリコのコマーシャル撮影に
山口百恵と三浦友和は年末から正月にかけてグリコのコマーシャル撮影のためにハワイに行く。恋人宣言をした後のハワイでの撮影は山口百恵と三浦友和にとってまるで婚前旅行≠フように楽しい仕事であった。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳