愛が詩にかわる時℃R口百恵が帝国劇場での初のリサイタルで突然の告白!

愛が詩にかわる時℃R口百恵が帝国劇場での初のリサイタルで突然の告白!

愛が詩にかわる時℃R口百恵が帝国劇場での初のリサイタルで突然の告白!



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

昭和54年10月1日と2日

 

東京日比谷の帝国劇場にて山口百恵のリサイタルが開かれた。
それは山口百恵にとっての、初めての歌だけによるリサイタルだった。

 

 

リサイタルの名は「愛が詩にかわる時」
このタイトル名は山口百恵自身が考えたものだという。

 

 

 

 

 

 

 

     「愛が詩にかわる時

 

 

 

 

当時のアイドルのリサイタルはカバー曲を多数選曲した構成がほとんどであったが、「愛が詩に代わる時」は全て山口百恵のオリジナル曲のみで構成されていた。
しかも、全20曲のうちシングル曲はわずか6曲で、他の歌はオリジナルアルバムから選曲されたもの。

 

リサイタルの構成には山口百恵の意思も大きく反映されていたという。
百恵は相当な意気込みでこのリサイタルに臨んだようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今、私には特定の恋人がいます」

 

 

 

 

二日目の公演の最中、山口百恵は突然の告白をした。
場内は一瞬で静まり返った。

 

 

 

 

 

 

山口百恵の恋人・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルの存在を知らないものは当時の日本には一人もいなかった。

 

いや、すでに世界中に認知されているカップルだったといっても過言ではない。

 

だから山口百恵の恋人≠ニいえば誰しもが三浦友和だと信じていた。

 

 

 

しかし、そうはいっても、それまで本人たちの口から恋人同士であるといった発言はなされていなかった。
また、二人の恋愛関係を証明するような写真も世には出ていなかった。

 

 

だから信じてはいても、望んではいても、確信に至ることは誰にもできていなかったのだ。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

「今、私には特定の恋人がいます」

 

 

 

 

会場を埋め尽くしていたファンは固唾を呑んで百恵の次の言葉を待った。

 

もちろん、誰しもが信じてはいた。
信じてはいたが、しかし、一抹の不安があった。

 

もし、ここで三浦友和以外の男の名が山口百恵の口から告げられたら・・・

 

あるいはその場で割腹する男も出てきていたかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

「その人は、私より年上で三十少し前・・・」

 

 

 

 

そこまでだった。
結局、恋人の名前は告げられることはなかった。
これがその時の山口百恵にとっての精一杯だったのだ。

 

 

だが、「三十少し前」といえば三浦友和はその範疇に入る。

 

ファンは胸を撫でおろした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、この告白で一番ほっとしたのは当の山口百恵だったのかもしれない。

 

後に山口百恵は自叙伝『蒼い時』で語っている。

 

 

二人の恋について真実を語れないことが辛かった、と。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

二十歳のバースデーパーティーで花柳糸之師匠創作の「寿初春」を舞う!
山口百恵の二十歳の誕生日パーティーが東京虎ノ門のホテル・オークラで盛大に開催された。山口百恵はこの日のために花柳糸之が創作した日舞「寿初春」を披露した。800名の参加者はその美しさに魅了された。
篠山紀信が時代と寝た女≠激写!
写真界の鬼才・篠山紀信が「時代と寝た女」と評した女優・山口百恵。百恵に特別なものを感じた篠山は14歳から百恵を撮り続けた。百恵が二十歳の時、NHKは篠山が撮った山口百恵の写真のみで構成する「激写」という番組を放映した。
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代そして山口百恵の日本の女
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代が主演を務めた平岩弓枝ドラマ「日本の女シリーズ」。この豪華女優陣に肩を並べて山口百恵が「北国から来た女」で最年少主演女優を務めた。
平岩弓枝ドラマ「北国から来た女」で山口百恵が中島久之に抱きつく?
平岩弓枝ドラマ「日本のおんなシリーズ」のオムニバス「北国から来た女」で主演に抜擢された山口百恵。名誉なことではあるが、腑に落ちないのが相手役の中島久之。赤いシリーズなどではとにかく嫌な奴だった中島久之がなぜ山口百恵の恋人に?
普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!
山口百恵・三浦友和共演映画10作目のシナリオが一般公募された。当選したのは29歳の普通の主婦・中川美知子さんが書いた「ホワイト・ラブ」。応募総数1万1千編の中から選ばれたこの作品は大ヒットした。
『ホワイト・ラブ -White Love』のあらすじ
山口百恵演じるスタイリストの上村忍と三浦友和演じる山野辺健。二人はそれぞれに事情を抱えてスペインに飛んだ。忍は家族を捨てスペインで暮らす余命いくばくもない父に逢う。一方、健はスペインで別れた元恋人の多恵子と偶然に再会するが・・・
情熱の国スペインで山口百恵と三浦友和がデート?
映画「ホワイト・ラブ」の撮影でスペインにいった山口百恵と三浦友和。二人は撮影中のみならず、プライベートタイムでもアツアツムード全開だった。百恵と友和は撮影の合間の僅かな時間を利用してスペインの街でデートをしていた。
日本テレビ音楽祭で「愛の嵐」の山口百恵がトップアイドル賞を受賞!!
第5回日本テレビ音楽祭で石野真子、渋谷哲平、ピンク・レディー、榊原郁恵、桜田淳子らを押しのけて山口百恵がトップアイドル賞を獲得!!
宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で山口百恵が絶世の美女クレオパトラを演じる!
ベルサイユのばらで宝塚ブームを巻き起こした植田紳爾氏が第5回百恵ちゃん祭りの演出を手掛けた。題材は古代エジプトの悲劇の美女クレオパトラの生涯。政治に翻弄されるクレオパトラを山口百恵が見事に演じ切った。
山口百恵・三浦友和熱愛を写真週刊誌がスクープ!!
山口百恵と三浦友和の交際がついに明らかになった。三浦友和の自宅マンションでの密会を写真週刊誌に取られたのだ。二人の熱愛スクープ写真は日本中を駆け巡った。そして山口百恵はファンに向けて三浦友和との交際宣言をしたのだ。
山口百恵が恋人宣言!ついに三浦友和との交際を激白
写真週刊誌に熱愛写真を撮られた翌日、山口百恵は大阪のコンサート会場でファンに向けて三浦友和との恋人宣言をした。
恋人宣言後の山口百恵・三浦友和が映画撮影に
恋人宣言直後の山口百恵・三浦友和が映画『天使を誘惑』の撮影に入った。同棲生活を通じて愛し合い、傷つけあう男女の日常生活を演じる山口百恵と三浦友和の演技にファンは釘付けになった。
「天使を誘惑」のあらすじ
佐野恵子(山口百恵)は貧乏なフリーライター上杉浩平(三浦友和)と同棲生活を送っていた。恵子は浩平に尽くしていたが、浩平には結婚する気も子供を作る気もない。それでも恵子は浩平を愛し続けた。
婚前旅行?山口百恵と三浦友和がハワイでグリコのコマーシャル撮影に
山口百恵と三浦友和は年末から正月にかけてグリコのコマーシャル撮影のためにハワイに行く。恋人宣言をした後のハワイでの撮影は山口百恵と三浦友和にとってまるで婚前旅行≠フように楽しい仕事であった。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳