昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で絶世の美女クレオパトラを演じる!

宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で絶世の美女クレオパトラを演じる!



このエントリーをはてなブックマークに追加   



昭和54年8月25日 

 

夏の恒例行事となっていた「百恵ちゃん祭り」の第5回目が新宿コマ劇場で開催された。

 

 

 

 

 

 

 

この年の百恵ちゃん祭りも8月31日の千秋楽まで1週間連続で公演される長丁場であり、例年にも増して百恵の熱の入れようは凄まじかった。直前期は連日深夜まで稽古に励んでいたという。

 

 

 

舞台は例年同様にミュージカルとヒットパレードの2部構成。

 

だが、第1部のミュージカルはこれまでと趣向を変えて、古代エジプトのクレオパトラの生涯を描いた作品となった。

 

 

 

タイトルは『砂漠の不死鳥』

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒロイン・クレオパトラを演じるのは、もちろん山口百恵だ。

 

 

この舞台の演出を手掛けたのはなんと宝塚歌劇団専属の敏腕演出家・植田紳爾(うえだしんじ)氏。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

植田紳爾と言えば、池田理代子の人気漫画「ベルサイユのばら」を宝塚で上演し、空前絶後の宝塚ブーム≠巻き起こした張本人なのだ。

 

 

 

 

 

 

        「ベルサイユのばら

 

 

 

そんな時の演出家・植田紳爾が一人のアイドルの舞台のために脚本を書き下ろす。

 

山口百恵の存在がいかに大きかったかが、この事実からも窺える。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

舞台の共演者も豪華だ。

 

シーザー役に井上孝雄、アントニオ役に峰岸徹といったベテラン俳優が脇を固めた。

 

 

 

 

 

 

 

15歳のクレオパトラの登場から始まるこの舞台。

 

クレオパトラの成長と共に衣装を変えて舞台に現れる山口百恵。

 

その美しき変化の様に、観客からため息が漏れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後には毒蛇にかまれて命を絶たれるクレオパトラ。

 

 

 

女性としての幸せを願いながら政治の犠牲となって死んでいった絶世の美女。

 

まさに山口百恵にしか演じることのできない役だといっていいだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

第二部のヒット・パレード 「山口百恵と共に」も見ごたえがあった。

 

 

「横須賀ストーリー」「プレイバックpart2」「秋桜」「いい日旅立ち」「しなやかに歌って」といった山口百恵の代表曲のみならず、「東京の空の下あなたは」「WIND&WINDO」という幻の名曲と言われた楽曲も披露されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

映像も音声も残されていないとされる「第5回百恵ちゃん祭り」は幻のライブといわれている。

 

しかし、瞳を閉じればクレオパトラの山口百恵が鮮やかに蘇る。

 

そういった山口百恵ファンは少なくないはずだ。

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

二十歳のバースデーパーティーで花柳糸之師匠創作の「寿初春」を舞う!
山口百恵の二十歳の誕生日パーティーが東京虎ノ門のホテル・オークラで盛大に開催された。山口百恵はこの日のために花柳糸之が創作した日舞「寿初春」を披露した。800名の参加者はその美しさに魅了された。
篠山紀信が時代と寝た女≠激写!
写真界の鬼才・篠山紀信が「時代と寝た女」と評した女優・山口百恵。百恵に特別なものを感じた篠山は14歳から百恵を撮り続けた。百恵が二十歳の時、NHKは篠山が撮った山口百恵の写真のみで構成する「激写」という番組を放映した。
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代そして山口百恵の日本の女
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代が主演を務めた平岩弓枝ドラマ「日本の女シリーズ」。この豪華女優陣に肩を並べて山口百恵が「北国から来た女」で最年少主演女優を務めた。
平岩弓枝ドラマ「北国から来た女」で中島久之に抱きつく?
平岩弓枝ドラマ「日本のおんなシリーズ」のオムニバス「北国から来た女」で主演に抜擢された山口百恵。名誉なことではあるが、腑に落ちないのが相手役の中島久之。赤いシリーズなどではとにかく嫌な奴だった中島久之がなぜ山口百恵の恋人に?
普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!
山口百恵・三浦友和共演映画10作目のシナリオが一般公募された。当選したのは29歳の普通の主婦・中川美知子さんが書いた「ホワイト・ラブ」。応募総数1万1千編の中から選ばれたこの作品は大ヒットした。
『ホワイト・ラブ -White Love』のあらすじ
山口百恵演じるスタイリストの上村忍と三浦友和演じる山野辺健。二人はそれぞれに事情を抱えてスペインに飛んだ。忍は家族を捨てスペインで暮らす余命いくばくもない父に逢う。一方、健はスペインで別れた元恋人の多恵子と偶然に再会するが・・・
情熱の国スペインで三浦友和とデート?
映画「ホワイト・ラブ」の撮影でスペインにいった山口百恵と三浦友和。二人は撮影中のみならず、プライベートタイムでもアツアツムード全開だった。百恵と友和は撮影の合間の僅かな時間を利用してスペインの街でデートをしていた。
山口百恵・三浦友和熱愛を写真週刊誌がスクープ!!
山口百恵と三浦友和の交際がついに明らかになった。三浦友和の自宅マンションでの密会を写真週刊誌に取られたのだ。二人の熱愛スクープ写真は日本中を駆け巡った。そして山口百恵はファンに向けて三浦友和との交際宣言をしたのだ。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳