山口百恵

山口百恵17歳

山口百恵17歳記事一覧

百恵17歳の誕生日を祝う

昭和51年1月17日山口百恵は17回目の誕生日を迎えた。仕事がらみではあったが、百恵は東京赤坂にある料亭「田舎家」でスタッフに誕生日を祝ってもらった。17歳とはいえ芸能界に入ってもう4回目の誕生日。トップスターとしての自覚も十分に備えている百恵の精神年齢は、実際のそれをはるかに上回っていただろう。多...

≫続きを読む

 

ゴールデンカップル解消?!百恵の相手役に南條豊が・・・

「伊豆の踊子」「潮騒」「絶唱」と3本続けて大ヒットとなった山口百恵の主演映画。歌手としてだけでなく映画女優としても百恵は不動のトップスターとなっていた。そして、この3本の全ての百恵の相手役が三浦友和だった。当初は無名の俳優だった三浦友和であるが、全ての映画がヒットしたことと友和自身の演技力も評価され...

≫続きを読む

 

「エデンの海」のあらすじ

舞台は美しい海岸線に囲まれた瀬戸内の島。この島の港町にある女子高校に東京から青年教師・南条(南條豊)が赴任してきた。大学を卒業したばかりの若者で、その上始業式にヘリコプターで駆け付けてきた(?)破天荒な青年教師・南条はたちまち女子生徒の人気者となった。しかし、この学校の問題児である2年A組の清水巴(...

≫続きを読む

 

赤いシリーズ¢3弾「赤い運命」の相手役も・・・

昭和51年4月山口百恵主演のTBSドラマ「赤い運命」がスタートした。前年度の「赤い疑惑」の驚異的な高視聴率で完全に山口百恵のものとなった赤いシリーズ≠アの赤いシリーズ¢3弾が山口百恵主演で企画されることはもはや当然の流れであった。だが、今回の赤いシリーズ≠ミとつだけ(といっても、それは決定的...

≫続きを読む

 

「赤い運命」のあらすじ

昭和34年9月26日この日、日本列島を震撼させた巨大な台風が発生した。潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心として、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。中でも伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であった。後にこの台風は「伊勢湾台風」と呼ばれるようになった。そして、この「伊勢湾台...

≫続きを読む

 

百恵が念願の修学旅行に参加!

昭和51年この年、山口百恵は在籍する日出女子学園の3年生となっていた。日出女子学園では高校3年生の6月に修学旅行に行くことが通例だった。もちろん、百恵が3年生の時も修学旅行は実施された。しかし、山口百恵は高校3年の女子生徒とはいえ、すでに時のスーパースター♂フにドラマに映画にと、毎日が分刻みのスケ...

≫続きを読む

 

百恵・友和のゴールデンコンビ復活!

映画「エデンの海」、ドラマ「赤い運命」と、立て続けに山口百恵の相手役が三浦友和ではなく南条豊となったことから、ファンの間では百恵・友和のゴールデンコンビは解消したのか?!≠ニ騒がれていた。ところが、だ。次の山口百恵主演映画「風立ちぬ」で、再び相手役が三浦友和に決まったのだ。よかった〜(^^;)日本...

≫続きを読む

 

「風立ちぬ」のあらすじ

山口百恵主演映画の第5弾が公開された。今回の作品も従来通りの文芸シリーズ路線。堀辰雄の名作「風立ちぬ」だ。では、「風立ちぬ」のストーリーを簡単に紹介しよう。舞台は、太平洋戦争まっただ中の昭和17年の軽井沢。初夏の軽井沢の別荘で一人の娘が病気療養のためにひっそりと過ごしていた。娘の名前は水沢節子(山口...

≫続きを読む

 

第2回「百恵ちゃん祭り」開催!新宿コマ劇場舞台裏に三浦友和が!

昭和51年8月「百恵ちゃんまつり」の第2回が東京の新宿コマ劇場で開催された。前年度の第1回「百恵ちゃん祭り」が大盛況であったことを受けての2年連続の開催。これで夏の「百恵ちゃん祭り」は恒例行事になることが事実上決まった。舞台はこれまた第1回と同様に2部構成。第1部がロックミュージカル「黒い天使パート...

≫続きを読む

 

中条静夫が山口百恵の父親に?!

昭和51年11月TBSドラマ赤いシリーズ¢謔S弾の放送が開始された。今回のドラマのタイトルは「赤い衝撃」主演はもちろん山口百恵だ。そして相手役にはゴールデンコンビの三浦友和が復活。前作「赤い運命」での百恵の相手役が南条豊だったことに対してファンからの猛抗議の電話がテレビ局に殺到したことから、再び三...

≫続きを読む

 

「赤い衝撃」のあらすじ

「赤い衝撃」のストーリーを簡単にお話ししましょう。主人公は大山友子(山口百恵)友子は高校3年生ながら短距離ランナーとして大活躍し、将来を嘱望されていた。友子がオリンピック出場という目標に向けて早朝のトレーニングをしていたところに、偶然、若手刑事の新田秀夫(三浦友和)が通りかかった。元陸上選手だった秀...

≫続きを読む

 

谷崎文学「春琴抄」で難役に挑戦!

昭和52年の新春を飾る東宝の正月映画の主演女優に山口百恵が決まった。作品は、谷崎潤一郎原作の「春琴抄」だ。谷崎の同作品はこれまでに4度映画化されていた。歴代の主演女優は、田中絹代、京マチ子、山本富士子、渡辺督子といった蒼々たるメンバーだ。その大役を、時のトップスター山口百恵が任されることになったのは...

≫続きを読む

 

百恵・友和が耽美主義的ラブシーンに困惑?!

ゴールデンカップル≠ニ呼ばれ、数々の映画、ドラマに共演してきた山口百恵と三浦友和。二人はこれまでに幾度となくラブシーンを演じてきた。ゴールデンカップルとして5作目の映画「春琴抄」でも、もちろん二人のラブシーンは予定されていた。百恵と友和にとって、この手のシーンはもう慣れたもの、と思われていたが・・...

≫続きを読む

 

「春琴抄」のあらすじ

舞台は明治初頭の大阪道修町。薬種問屋で賑わうこの町の鵙屋(もずや)の次女お琴(山口百恵)がこの物語の主人公だ。お琴は9歳の時に病気が原因となり失明した。目が見えなくなったお琴は、琴の修行に励みだした。お琴は美しい女性に成長していった。しかし、一方で大変プライドが高く、我儘な女にもなっていた。目が見え...

≫続きを読む

 



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳