昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

「春琴抄」のあらすじ

「春琴抄」のあらすじ



このエントリーをはてなブックマークに追加   



舞台は明治初頭の大阪道修町。

 

薬種問屋で賑わうこの町の鵙屋(もずや)の次女お琴(山口百恵)がこの物語の主人公だ。

 

 

 

 

 

 

お琴は9歳の時に病気が原因となり失明した。
目が見えなくなったお琴は、琴の修行に励みだした。

 

 

 

お琴は美しい女性に成長していった。
しかし、一方で大変プライドが高く、我儘な女にもなっていた。

 

 

目が見えないお琴には身の回りの世話をする人間が必要だ。
しかし、女では、高圧的な態度をとるお琴の世話人は務まらない。

 

 

そこで、丁稚奉公の佐助(三浦友和)が任されることになった。

 

 

 

 

 

 

 

琴の名手となっていたお琴は、佐助に三味線の稽古をするように命じた。

 

佐助はお琴に言われるままに三味線の稽古に励んだ。

 

 

 

佐助の三味線の腕はみるみる上達していった。
しかし、お琴は佐助を認めなかった。
常に厳しく指導し、時には佐助の手を傷つけることすらあった。
それでも佐助はお琴の側を離れなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある時、大地震が大阪道修町を襲った。

 

 

 

 

襖や家具が倒れてくる。

 

 

 

 

 

目の見えないお琴は、揺れる鵙屋の中で手探りで逃げ惑っていた。

 

 

 

 

 

 

すぐさま佐助がお琴の側に駆け寄った。
佐助は身を挺してお琴の体を守った。

 

 

 

 

脅えたお琴は佐助にすがりついた。

 

 

 

「佐助、一生、離れんといて!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、佐助は片時もお琴の側に付き添うという生活が始まった。

 

 

 

紅を差すのも佐助。

 

 

 

 

 

爪を切るのも佐助。

 

 

 

 

 

そして、風呂上がりのお琴の体を拭くのも佐助。

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、お琴に大惨事が起こった。

 

 

美人であるお琴をものにしようとしたが袖にされた美濃屋の利太郎が、その腹いせに賊をさしむけ、就寝中のお琴の顔に熱湯をあびせたのだ。

 

 

お琴はうつぶせになり苦悶していた。
お琴の異変に気付きかけよった佐助。
しかし、お琴は佐助にこう叫んだ。

 

 

 

「見たらあかん、わての顔みたらあかん!」

 

 

 

 

お琴は火傷を負い醜くなってしまったその顔を佐助にだけは見られたくなかったのだ。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

やがて、火傷の治療が終わり、顔に巻いた包帯がとれる日が来た。

 

お琴は目に涙を浮かべながらこう言った。

 

 

 

 

「お前だけには、この顔を見せとうない・・・」

 

 

 

 

佐助は覚悟を決めた。

 

部屋から針を持ってきた佐助。
そして、その針を右目に刺し、続けざまに左目にも刺した。

 

 

 

激痛のあまり、声を漏らす佐助。

 

 

 

「佐助、どないしたんや!!」

 

 

「わて、針で目を突きました!!」

 

 

 

 

ともに光のない世界にいったお琴と佐助。

 

二人は涙を流しながら、かたく抱き合ったのだ。

 

 

 

 

 

        「春琴抄

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

百恵17歳の誕生日を祝う
山口百恵の17回目の誕生日。この日も百恵は仕事だった。普通なら友達や彼氏に誕生日を祝ってもらうはずの高校2年生の女の子。しかし、すでにトップスターであった百恵は仕事のイベントでスタッフに「お誕生会」をしてもらうのだった。
ゴールデンカップル解消?!百恵の相手役に南條豊が・・・
山口百恵の文芸シリーズ第4段が「エデンの海」に決まった。ところが百恵の相手役は三浦友和でなく、新人の南條豊と発表された。これまで全ての映画が百恵・友和のゴールデンカップルだっただけにファンの失望は大きかった。
「エデンの海」のあらすじ
映画「エデンの海」で主演・山口百恵の相手役に大抜擢された新人若手俳優の南條豊。しかし、三浦友和とのゴールデンカップルを期待していたファンからの評判は悪く、この映画の売り上げも山口百恵主演の作品の中で最悪だった。
赤いシリーズ¢3弾「赤い運命」の相手役も・・・
映画「エデンの海」に続き、ドラマ「赤い運命」でも山口百恵は三浦友和ではなく南條豊だった。ゴールデンカップルのファンは失望した。しかし、それでも「赤い運命」は高い視聴率をとった。山口百恵の人気とドラマのストーリーがファンを離さなかったのだ。
「赤い運命」のあらすじ
取り違えられて別々の父と暮らすことになった孤児院出身の直子(山口百恵)といずみ(秋野暢子)。殺人犯の娘となった直子と裕福な生活をするいずみ。父(三國連太郎)の粗暴な振舞いと極貧生活に耐え、父につくす直子。陰影ある百恵の演技が泣かせます。
百恵が念願の修学旅行に参加!
歌手、女優として多忙を極めていた山口百恵。芸能活動をしながらの高校生活は楽なものではなかった。それでも学校の友達とできるだけ同じように行動したいと願っていた百恵は仕事の合間を縫って高校3年時の修学旅行に途中参加するのであった。
百恵・友和のゴールデンコンビ復活!
映画「風立ちぬ」で山口百恵と三浦友和のゴールデンカップルが復活した。前作「エデンの海」が不評(相手役が南条豊)だったことから、東宝としても従来通りのゴールデンコンビで再起をかけるしかなかったのだ。
「風立ちぬ」のあらすじ
山口百恵主演映画第5弾は堀辰雄の名作「風立ちぬ」。この作品で三浦友和とのゴールデンカップルが復活した。舞台は太平洋戦争勃発後の軽井沢。結核に冒され療養中の娘・水沢節子(山口百恵)と青年・結城達郎(三浦友和)の悲哀の物語だ。
第2回「百恵ちゃん祭り」開催!新宿コマ劇場舞台裏に三浦友和が!
東京新宿コマ劇場で第2回「「百恵ちゃん祭り」が開催された。歌のみならず踊りや芝居と普段見ることのできない山口百恵をファンは堪能できる。百恵ちゃん祭りは山口百恵が引退するまで継続され、夏の風物詩となったのだ。
中条静夫が山口百恵の父親に?!
赤いシリーズ第4弾「赤い衝撃」で山口百恵の恋人役として三浦友和が復活した。ところが、百恵の父親役に宇津井健でなく中条静夫が抜擢されたのだ。中条静夫演じる大山豪介。キャラが濃すぎる。完全に主役の山口百恵を食ってしまった。
「赤い衝撃」のあらすじ
天才ランナー大山友子(山口百恵)は若手刑事新田秀夫(三浦友和)に恋心を抱いていた。しかし、秀夫の売った銃弾が不幸にも友子の背中に当たり、友子は歩けない体になってしまった。赤いシリーズ第4弾「赤い衝撃」のストーリーは友子の苦悩を中心に展開されていきます。
谷崎文学「春琴抄」で難役に挑戦!
谷崎潤一郎原作の「春琴抄」。過去に田中絹代、京マチ子、山本富士子、渡辺督子といった大女優の主演で映画化されてきたが、その5作目として山口百恵の主演が決まった。相手役の佐助役には三浦友和。期待通りの大ヒット作となった。
百恵・友和が耽美主義的ラブシーンに困惑?!
ゴールデンコンビと呼ばれ何度もキスシーンを演じてきた山口百恵と三浦友和。しかし、谷崎潤一郎作「春琴抄」でのラブシーンには百恵も戸惑った。しかし、百恵と友和は足をさする、爪を切るという谷崎の耽美主義を見事に演じ切ったのだ。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳