昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!

普通の主婦が書き下ろしたシナリオがなんと百友映画に!



このエントリーをはてなブックマークに追加   




普通のおばさん、いやいや主婦が山口百恵と三浦友和に囲まれる?

 

 

 

 

 

 

 

 

東宝のドル箱に定着した百友映画

 

ゴールデンコンビと呼ばれた山口百恵と三浦友和の共演映画は必ず大ヒットする。

 

それが当時の映画界の常識であった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「伊豆の踊子」に始まった百友映画≠フほとんどは文芸作品の映画化。

 

だが、東宝は新たな試みに臨んだ。

 

昭和54年8月に公開される10作品目となる百友映画のシナリオをなんと一般公募≠オたのだ。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

東宝に送られてきた応募作品はなんと1万1千編を越えた。

 

1万人を越える人間がシナリオを完成させ、送ってくる。
締切に間に合わずに挫折した人間はその100倍はいると推定される。

 

 

 

 

 

 

 

 

クイズに答えて景品をゲットしよう!的なお気楽な応募ではない。

 

仮にもシナリオ≠フ応募なのだ。

 

まさかこれ程多くのシナリオが送られてくるとは東宝自身も予想していなかったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和54年の日本の経常収支は大幅悪化傾向を続けるとともに、為替レートは円安傾向を強めていた。

 

 

この景気悪化の引き金となったのが、まさに百友映画のシナリオの一般公募だったと言われている。

 

 

 

 

「自分が書いたシナリオが百恵ちゃんの映画に・・・」

 

 

 

 

妄想に取り憑かれた者が大量発生。

 

仕事や家事を放り出し、書いたこともないシナリオ作りに没頭する夢見る大人が後を絶たなかった。

 

社会と経済は混迷に陥った。

 

世界を圧倒していた日本の労働力が急激に失われていったのだ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、当選者の発表をもってその混乱も収まった。

 

当選した作品は「ホワイト・ラブ

 

 

 

 

 

 

原作者は名古屋在住の中川美知子さん。

 

なんと、29歳の普通の主婦。

 

 

 

「まさか当選するなんて・・・。賞金でオーブン・レンジを買います」

 

 

 

それまでの中川美知子さんは本当に普通の主婦をしていた女性で、オーブンレンジは欲しくて欲しくて、でも手の届かない高価な物だったのだ。

 

受賞者に贈られる賞金は100万円なので、もっと良い物も買えたはずなのだが、突然降って湧いてきたような大金。使い道がわからなかったのだろう。

 

その上、「ホワイト・ラブ」の制作記念発表会にはほぼ主賓扱いで招かれ、山口百恵と三浦友和に囲まれて祝杯をあげた。

 

 

 

 

 

 

華やかな舞台の中心にあって際立つ地味さがこの事件の大きさを物語っている。

 

 

 

 

この映画の製作費には1億5千万円が投じられ、そして8億6000万円の配給収入を記録した。

 

平凡な主婦が億≠ニいう単位のお金を動かすほどのムーブメントを巻き起こしたのだ。

 

 

 

 

 

        「ホワイト・ラブ

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

二十歳のバースデーパーティーで花柳糸之師匠創作の「寿初春」を舞う!
山口百恵の二十歳の誕生日パーティーが東京虎ノ門のホテル・オークラで盛大に開催された。山口百恵はこの日のために花柳糸之が創作した日舞「寿初春」を披露した。800名の参加者はその美しさに魅了された。
篠山紀信が時代と寝た女≠激写!
写真界の鬼才・篠山紀信が「時代と寝た女」と評した女優・山口百恵。百恵に特別なものを感じた篠山は14歳から百恵を撮り続けた。百恵が二十歳の時、NHKは篠山が撮った山口百恵の写真のみで構成する「激写」という番組を放映した。
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代そして山口百恵の日本の女
若尾文子、吉永小百合、小川真由美、山本陽子、十朱幸代が主演を務めた平岩弓枝ドラマ「日本の女シリーズ」。この豪華女優陣に肩を並べて山口百恵が「北国から来た女」で最年少主演女優を務めた。
平岩弓枝ドラマ「北国から来た女」で中島久之に抱きつく?
平岩弓枝ドラマ「日本のおんなシリーズ」のオムニバス「北国から来た女」で主演に抜擢された山口百恵。名誉なことではあるが、腑に落ちないのが相手役の中島久之。赤いシリーズなどではとにかく嫌な奴だった中島久之がなぜ山口百恵の恋人に?
『ホワイト・ラブ -White Love』のあらすじ
山口百恵演じるスタイリストの上村忍と三浦友和演じる山野辺健。二人はそれぞれに事情を抱えてスペインに飛んだ。忍は家族を捨てスペインで暮らす余命いくばくもない父に逢う。一方、健はスペインで別れた元恋人の多恵子と偶然に再会するが・・・
情熱の国スペインで三浦友和とデート?
映画「ホワイト・ラブ」の撮影でスペインにいった山口百恵と三浦友和。二人は撮影中のみならず、プライベートタイムでもアツアツムード全開だった。百恵と友和は撮影の合間の僅かな時間を利用してスペインの街でデートをしていた。
宝塚ブーム≠フ仕掛け人植田紳爾演出で絶世の美女クレオパトラを演じる!
ベルサイユのばらで宝塚ブームを巻き起こした植田紳爾氏が第5回百恵ちゃん祭りの演出を手掛けた。題材は古代エジプトの悲劇の美女クレオパトラの生涯。政治に翻弄されるクレオパトラを山口百恵が見事に演じ切った。
山口百恵・三浦友和熱愛を写真週刊誌がスクープ!!
山口百恵と三浦友和の交際がついに明らかになった。三浦友和の自宅マンションでの密会を写真週刊誌に取られたのだ。二人の熱愛スクープ写真は日本中を駆け巡った。そして山口百恵はファンに向けて三浦友和との交際宣言をしたのだ。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳