女の子の一番大切なもの≠ニは?下衆なマスコミの質問に山口百恵が出した答えは・・・

女の子の一番大切なもの≠ニは?下衆なマスコミの質問に山口百恵が出した答えは・・・

女の子の一番大切なもの≠ニは?下衆なマスコミの質問に山口百恵が出した答えは・・・



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

 

 

 

プロデューサー酒井正利の青い性$略にのっとり、作詞・千家和也、作曲・都倉俊一のコンビが作り出した山口百恵の歌は立て続けにヒットしていった。

 

そして、5枚目のシングル「ひと夏の経験」は約45万枚ものセールスを叩き出し、この頃の山口百恵はもはや押しも押されぬトップスターとなっていた。

 

全てがプロダクションの計算通りに事が進んでいたのだ。

 

 

 

 

だが、大人たちの思惑とは裏腹に、山口百恵は葛藤していた。

 

 

 

あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ

 

 

 

この過激な歌を作ったのはプロダクションの大人達。

 

しかし、実際にこの歌をステージの上で、そしてテレビカメラの前で歌っていたのはわずか15歳の少女なのだ。

 

 

 

 

「青い果実」「禁じられた遊び」「春風のいたずら」そして「ひと夏の経験」

 

 

 

 

幼い恐怖心と防衛本能が私をためらわせた

 

 

 

 

 

 

 

 

青い性路線と揶揄されるこれらの歌詞を最初に渡されるたびに山口百恵は心の中でそう感じたという。
口には出せないが、山口百恵の心は完全に青い性≠拒否していたのだ。

 

 

しかし、アイドル歌手本人の意思など、芸能界のシステムの中では何の意味も持たない。

 

山口百恵はいわれるがままに青い性≠歌った。
そして、歌はヒットした。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

好奇の目で見ていた世間の大人達の声を代弁するかのように、マスコミは決まってこの質問を山口百恵に投げかけた。

 

 

 

女の子の一番大切なもの≠チて何だと思いますか?

 

 

 

いい年をした大人たちが、高校1年生になったばかりの少女を問い詰める。

 

質問をする大人たちは決まって口元に薄い笑いを浮かべながら、上目づかいで山口百恵を見ながら聞いた。

 

 

 

 

「処女です」

 

 

とでも答えて欲しいのだろうか?

 

 

 

 

山口百恵は達観していた。

 

 

きわどい歌を歌わされている15歳の少女に対してきわどい質問を投げかけ、その困惑する様子を見て、そしてメディアで騒ぎ立てる。

 

 

下衆で浅はかな大人達の企みに対して山口百恵は常に冷静であった。

 

 

 

 

 

「まごころです」

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵は顔色一つ変えずに、この一言で押し通した。

 

 

 

 

 

 

やがて、山口百恵の中で心境の変化が見られるようになってきた。

 

 

 

 

「あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ」

 

「あなたが望むなら私何をされてもいいわ」

 

 

 

 

確かに歌として見た場合、きわどいものだったのかもしれないのだが、歌うにつて、私の中で極めて自然な女性の神経という受入れ方ができるようになっていた。もちろんその頃はまだ想像の域を脱してはいなかったのだが、それでも女の子の微妙な心理を、歌という媒体を通して自分の中でひとつひとつ確認してきたように思う。

 

(自叙伝「蒼い時」より)

 

 

 

 

 

大人達が炎上を狙って作った青い性
山口百恵が本心では拒否していた青い性

 

ブームが去れば、青い性≠フ歌とともに山口百恵≠熄チえていく。
プロダクションの想定としてはそんなところだったのかもしれない。

 

 

しかし、山口百恵は炎上のために歌わされていた歌を、やがては自分のものとして歌うように変わっていった。

 

それは成長≠ニいうありきたりな表現では追い付かないものであった。

 

 

 

やがて山口百恵はブーム≠ナはなく時代≠作るアーティストに変化していったのだ。

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

山口百恵が芸能人として迎える15歳の誕生日
山口百恵の15歳のバースデー・パーティーは3回も開かれた。家族に祝ってもらう本体の誕生日に加え、新人歌手を売り込むための商業的なパーティーが、宇津井健、森昌子、桜田淳子、石川さゆりらを招いて開かれたのだ。百恵はもう普通の中学生の女の子ではなくなっていた。
そっくりだった山口百恵と桜田淳子。篠山紀信のモデルとしてハワイに行く
そっくりで仲良しだった中学時代の山口百恵と桜田淳子。二人は篠山紀信の撮影のためにハワイに行った。二人は同部屋に泊まった。すると百恵と淳子がとりだしたパジャマがなんと・・・
アイドル歌手が愛人の子?マスコミが山口百恵の生い立ちを暴く
「青い果実」で人気歌手となった山口百恵の生い立ち、父との関係を芸能週刊誌が暴いた。山口百恵に対してますます世間の好奇の目が向けられるようになった。しかし、山口百恵は歌手として女優として一層強く成長していったのだ。
山口百恵、桜田淳子、森昌子が花の高1トリオ≠ノ
中学3年生で国民的人気歌手となった山口百恵は多忙な仕事の合間に受験勉強に励み、高校に進学した。同じく高校に進学した森昌子、桜田淳子で花の高1トリオ≠ニ呼ばれるようになった。そんな彼女らは普通の女子高生のように部活をしたり友達と遊ぶ暇はなかった。
三浦友和と山口百恵の出会いは失敗が引き起こした偶然だった?!
山口百恵が生涯の伴侶となる三浦友和と出会ったのは16歳の時。グリコのコマーシャルで百恵のボーイフレンド役として友和が選ばれ、その撮影で二人は顔を合わせた。これがきっかけで百恵・友和のゴールデン・カップルが誕生したのだ。
千家和也作詞「ひと夏の経験」が社会現象に!山口百恵は芸能界におけるトップスターの地位を確立した
あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ$迚ニ和也作詞の「ひと夏の経験」のヒットにより山口百恵の人気は不動のものとなった。
山口百恵が高校の授業をボイコット?
山口百恵が入学した高校に百恵をタレントとして扱う教師がいた。百恵はその先生の授業を全てボイコットしたという。百恵は学校では普通の女子高生として過ごしたかったのだ。だから百恵は、自分を特別扱いしない友達を心から大切にした。
松田優作と山口百恵が共演!「赤い迷路」のあらすじは?
「赤いシリーズ」の第1作である「赤い迷路」で山口百恵は主役ではなかった。しかし、このドラマでの宇津井健の娘役が評価され、以後の「赤いシリーズ」では百恵が主役となった。なお、故・松田優作と唯一この作品でのみ共演している。
山口百恵ファンクラブ誌「ぞう」創刊!
山口百恵ファンクラブの名前は「ぞう」。百恵の一番好きな動物「象」が由来だ。ファンクラブ誌「ぞう」は定期的に百恵のスケジュール等の情報を会員向けに発信していた。引退後も会員は「永遠会員」としてファンクラブ自体は解消していない。
東大の山口百恵VS早稲田の桜田淳子
昭和40年代後半の若者は山口百恵と桜田淳子の2大アイドルに熱狂した。とくに東大と早稲田の学生の間での百恵VS淳子争いは壮絶だった。現代のAKB48推しメン争いの様な現象がすでに昭和の時代に存在したのだ。
ゴールデンコンビ誕生!伊豆の踊子の相手役に三浦友和
吉永小百合などを輩出した「伊豆の踊子」の主演女優に新人歌手の山口百恵が抜擢された。百恵の初主演映画でもあった。相手役にはCM共演で人気が出ていた三浦友和。この映画で百恵・友和のゴールデンコンビが誕生したのだ。
山口百恵と三浦友和がそろってテレビ出演
山口百恵の初主演映画「伊豆の踊子」の相手役は三浦友和。人気歌手山口百恵の主演ということで映画は大ヒットした。映画公開にあわせて百恵と友和は「夜のヒットスタジオ」に出演した。世間はまだこの二人を「ゴールデンコンビ」とは呼んでいなかった。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳