昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

ゴールデンコンビ誕生!伊豆の踊子の相手役に三浦友和

ゴールデンコンビ誕生!「伊豆の踊子」の相手役に三浦友和



このエントリーをはてなブックマークに追加   



昭和49年9月

 

山口百恵の初主演映画が発表された。

 

川端康成原作の「伊豆の踊子」だ。

 

 

 

 

 

 

同作品は昭和38年に吉永小百合の主演で映画化されていたが、
その時の監督であった西河克己が、百恵の作品でも演出をすることになった。

 

 

 

 

 

「伊豆の踊子」は、それまでなんと5回も映画化されている。
主演女優の顔ぶれが豪華だ。

 

 

田中絹代、美空ひばり、鰐淵晴子、吉永小百合、内藤洋子

 

 

「伊豆の踊子」に主演した女優はその後全員が有名女優として成功している。

 

 

 

 

 

 

 

そこへ新人である山口百恵が大抜擢。

 

百恵のプレッシャーもさぞかし大きいことだったであろう。

 

ホリプロは歌手としてブレイクした山口百恵を女優としても本格的に売り出す決意だったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵を主演として始まったこの企画の最も重要な決定事項は、百恵の相手役だった。

 

映画制作会社である東宝は、当時若い男性の間で人気が爆発していた山口百恵の人気に乗っかる形で、百恵の相手役の一般募集をした。

 

 

 

若者達は「我こそは!」とこぞって募集に応募した。

 

 

 

「百恵ちゃんと友達になる会」などといった実現不可能な活動に精力を注いでいた男達に、今度はほんのわずかではあるが、現実に山口百恵と「友達」に、いや、「恋人」にすらなる可能性が生まれたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

書面で応募した男の数はなんと1万5千人。

 

書類選考を通過して、面接を受けた男達は4千人。

 

かつて類を見ないほどの大規模のオーディションであった。

 

 

 

 

しかも、このオーディション。
誰もが応募できるものではなかった。

 

 

 

応募できる男性の条件は以下の3つ

 

 

 

@年齢 17歳から23歳まで
A身長 170センチ以上
B印象 さわやかな感じ≠ナ大正時代の一高生の雰囲気≠フ男性

 

 

条件Bは自称できるとしても、条件@、Aがある以上、応募できる男性は限られる。
それでも1万5千人もの応募があったのだ。

 

世の男性達が、どれだけこの企画に注目したかがこの数字から伺える。

 

 

 

 

 

 

 

そして、いよいよ最終選考。

 

 

Sponsored Link

 

 

面接を通過して最終選考に残った男は32名。
その中には「山口百恵を守る会」などで山口百恵に狂っている東大の学生もいた。
他にも13名の大学生がいた。

 

 

 

「とうとう大学生が本当に山口百恵に近づける!」

 

 

 

世間の関心はその1点に集中した。

 

 

 

 

 

ところが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、相手役はグリコのCMで共演した三浦友和に決定

 

 

 

 

「出来レースやないかい!!」

 

 

 

 

応募した1万5千人の男達はもちろんのこと、
夜の男達全員がそう叫んだに違いない。

 

 

結局は、映画の話題作りに利用されただけだったのだ。

 

 

しかし、それは誰もが納得せざるを得ない結果でもあった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵と三浦友和

 

 

その後の映画史を語る上で外すことのできないゴールデンコンビが、この「伊豆の踊子」で誕生したのだ。

 

 

 

 

 

 

    「伊豆の踊子

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

芸能人として迎える15歳の誕生日
山口百恵の15歳のバースデー・パーティーは3回も開かれた。家族に祝ってもらう本体の誕生日に加え、新人歌手を売り込むための商業的なパーティーが、宇津井健、森昌子、桜田淳子、石川さゆりらを招いて開かれたのだ。百恵はもう普通の中学生の女の子ではなくなっていた。
百恵、淳子、昌子が花の高1トリオ≠ノ
中学3年生で国民的人気歌手となった山口百恵は多忙な仕事の合間に受験勉強に励み、高校に進学した。同じく高校に進学した森昌子、桜田淳子で花の高1トリオ≠ニ呼ばれるようになった。そんな彼女らは普通の女子高生のように部活をしたり友達と遊ぶ暇はなかった。
三浦友和と山口百恵の出会いは失敗が引き起こした偶然だった?!
山口百恵が生涯の伴侶となる三浦友和と出会ったのは16歳の時。グリコのコマーシャルで百恵のボーイフレンド役として友和が選ばれ、その撮影で二人は顔を合わせた。これがきっかけで百恵・友和のゴールデン・カップルが誕生したのだ。
百恵が高校の授業をボイコット?
山口百恵が入学した高校に百恵をタレントとして扱う教師がいた。百恵はその先生の授業を全てボイコットしたという。百恵は学校では普通の女子高生として過ごしたかったのだ。だから百恵は、自分を特別扱いしない友達を心から大切にした。
松田優作と百恵が共演!「赤い迷路」のあらすじは?
「赤いシリーズ」の第1作である「赤い迷路」で山口百恵は主役ではなかった。しかし、このドラマでの宇津井健の娘役が評価され、以後の「赤いシリーズ」では百恵が主役となった。なお、故・松田優作と唯一この作品でのみ共演している。
山口百恵ファンクラブ誌「ぞう」創刊!
山口百恵ファンクラブの名前は「ぞう」。百恵の一番好きな動物「象」が由来だ。ファンクラブ誌「ぞう」は定期的に百恵のスケジュール等の情報を会員向けに発信していた。引退後も会員は「永遠会員」としてファンクラブ自体は解消していない。
東大の山口百恵VS早稲田の桜田淳子
昭和40年代後半の若者は山口百恵と桜田淳子の2大アイドルに熱狂した。とくに東大と早稲田の学生の間での百恵VS淳子争いは壮絶だった。現代のAKB48推しメン争いの様な現象がすでに昭和の時代に存在したのだ。
山口百恵と三浦友和がそろってテレビ出演
山口百恵の初主演映画「伊豆の踊子」の相手役は三浦友和。人気歌手山口百恵の主演ということで映画は大ヒットした。映画公開にあわせて百恵と友和は「夜のヒットスタジオ」に出演した。世間はまだこの二人を「ゴールデンコンビ」とは呼んでいなかった。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳