千家和也作詞「ひと夏の経験」が社会現象に!山口百恵は芸能界におけるトップスターの地位を確立した

千家和也作詞「ひと夏の経験」が社会現象に!山口百恵は芸能界におけるトップスターの地位を確立した

千家和也作詞「ひと夏の経験」が社会現象に!山口百恵は芸能界におけるトップスターの地位を確立した



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

「青い果実」のヒットによって人気歌手の仲間入りをした山口百恵。

 

その後に出したシングル「禁じられた遊び」「春風のいたずら」も順調に売り上げを伸ばしていった。

 

 

 

 

 

 

しかし、「あなたが望むなら私何をされてもいいわ」の歌いだしで世間に衝撃を与えた「青い果実」に比べると「禁じられた遊び」「春風のいたずら」は今一つインパクトに欠けていた。

 

山口百恵が歌う青い性≠ノ世間が慣れてきていたのだ。

 

 

 

 

このままでは山口百恵が飽きられてしまう

 

 

 

 

山口百恵が歌う楽曲はデビュー曲の「としごろ」からずっと作詞・千家和也、作曲・都倉俊一のコンビで作られていた。
そして5枚目のシングルも千賀・都倉のコンビで作ることに決まっていた。

 

だが、都倉俊一と千家和也は危機感を抱いていた。
そこで都倉と千家は、山口百恵の5枚目のシングルを作成するに際して綿密な打ち合わせをし、さらに過激な歌を作ることで合意した。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

この打ち合わせの一週間後。

 

作曲家・都倉俊一のもとへ、千家和也が作詞した歌が届いた。

 

 

 

 

あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ

 

 

 

 

これは都倉俊一の予想を上回る過激な歌詞だった。
しかし、都倉は戸惑いながらも、山口百恵の可能性に賭けてこの歌詞に曲を付けた。

 

千家と都倉は山口百恵のさらなる飛躍を信じていたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵は淡々と歌った。
無表情で、抑揚をつけず、むしろ投げやりだとすら受け取れるような感じで、15歳の山口百恵が「ひと夏の経験」を歌った。

 

 

 

質素な衣装、清楚な顔立ちの山口百恵と、過激な歌詞とのギャップ。
その反響は「青い果実」の比ではなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

レコード会社、プロダクションに抗議の電話、非難の手紙が連日にわたり大量に寄せられ続けた。
マスコミも騒ぎ立てた。
山口百恵の歌う「ひと夏の経験」は社会現象になっていったのだ。

 

 

 

だが、批判の声が上がれば上がるほど、レコードは売れていった。
山口百恵のメディアへの露出も激増した。

 

 

全ては計算通りだった。
千家和也と都倉俊一が目論んだ通りに、山口百恵は大きな飛躍を遂げたのだ。

 

 

 

 

 

あなたに女の子の一番大切なものをあげるわ

 

 

 

 

 

      「ひと夏の経験

 

 

 

オリコンチャート最高位3位。レコード売上44万6千枚。
他のアイドルが歌う歌の中で群を抜いた大ヒット作となった。

 

 

山口百恵は「ひと夏の経験」で不動のトップスターの地位を確立した。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

山口百恵が芸能人として迎える15歳の誕生日
山口百恵の15歳のバースデー・パーティーは3回も開かれた。家族に祝ってもらう本体の誕生日に加え、新人歌手を売り込むための商業的なパーティーが、宇津井健、森昌子、桜田淳子、石川さゆりらを招いて開かれたのだ。百恵はもう普通の中学生の女の子ではなくなっていた。
そっくりだった山口百恵と桜田淳子。篠山紀信のモデルとしてハワイに行く
そっくりで仲良しだった中学時代の山口百恵と桜田淳子。二人は篠山紀信の撮影のためにハワイに行った。二人は同部屋に泊まった。すると百恵と淳子がとりだしたパジャマがなんと・・・
アイドル歌手が愛人の子?マスコミが山口百恵の生い立ちを暴く
「青い果実」で人気歌手となった山口百恵の生い立ち、父との関係を芸能週刊誌が暴いた。山口百恵に対してますます世間の好奇の目が向けられるようになった。しかし、山口百恵は歌手として女優として一層強く成長していったのだ。
山口百恵、桜田淳子、森昌子が花の高1トリオ≠ノ
中学3年生で国民的人気歌手となった山口百恵は多忙な仕事の合間に受験勉強に励み、高校に進学した。同じく高校に進学した森昌子、桜田淳子で花の高1トリオ≠ニ呼ばれるようになった。そんな彼女らは普通の女子高生のように部活をしたり友達と遊ぶ暇はなかった。
三浦友和と山口百恵の出会いは失敗が引き起こした偶然だった?!
山口百恵が生涯の伴侶となる三浦友和と出会ったのは16歳の時。グリコのコマーシャルで百恵のボーイフレンド役として友和が選ばれ、その撮影で二人は顔を合わせた。これがきっかけで百恵・友和のゴールデン・カップルが誕生したのだ。
女の子の一番大切なもの≠ニは?下衆なマスコミの質問に山口百恵が出した答えは・・・
「ひと夏の経験」の大ヒットで山口百恵はさらに衆目にさらされることになった。そして下品なマスコミは山口百恵に女の子の一番大切なもの≠チて何ですか?と問い詰めた。その時、山口百恵は・・・
山口百恵が高校の授業をボイコット?
山口百恵が入学した高校に百恵をタレントとして扱う教師がいた。百恵はその先生の授業を全てボイコットしたという。百恵は学校では普通の女子高生として過ごしたかったのだ。だから百恵は、自分を特別扱いしない友達を心から大切にした。
松田優作と山口百恵が共演!「赤い迷路」のあらすじは?
「赤いシリーズ」の第1作である「赤い迷路」で山口百恵は主役ではなかった。しかし、このドラマでの宇津井健の娘役が評価され、以後の「赤いシリーズ」では百恵が主役となった。なお、故・松田優作と唯一この作品でのみ共演している。
山口百恵ファンクラブ誌「ぞう」創刊!
山口百恵ファンクラブの名前は「ぞう」。百恵の一番好きな動物「象」が由来だ。ファンクラブ誌「ぞう」は定期的に百恵のスケジュール等の情報を会員向けに発信していた。引退後も会員は「永遠会員」としてファンクラブ自体は解消していない。
東大の山口百恵VS早稲田の桜田淳子
昭和40年代後半の若者は山口百恵と桜田淳子の2大アイドルに熱狂した。とくに東大と早稲田の学生の間での百恵VS淳子争いは壮絶だった。現代のAKB48推しメン争いの様な現象がすでに昭和の時代に存在したのだ。
ゴールデンコンビ誕生!伊豆の踊子の相手役に三浦友和
吉永小百合などを輩出した「伊豆の踊子」の主演女優に新人歌手の山口百恵が抜擢された。百恵の初主演映画でもあった。相手役にはCM共演で人気が出ていた三浦友和。この映画で百恵・友和のゴールデンコンビが誕生したのだ。
山口百恵と三浦友和がそろってテレビ出演
山口百恵の初主演映画「伊豆の踊子」の相手役は三浦友和。人気歌手山口百恵の主演ということで映画は大ヒットした。映画公開にあわせて百恵と友和は「夜のヒットスタジオ」に出演した。世間はまだこの二人を「ゴールデンコンビ」とは呼んでいなかった。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳