昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

山口百恵・三浦友和が現代劇「泥だらけの純情」に挑戦!

山口百恵・三浦友和が現代劇「泥だらけの純情」に挑戦!



このエントリーをはてなブックマークに追加   



山口百恵・三浦友和のゴールデンコンビによる映画第6弾が1977年の東宝のお盆映画として公開されることが決まった。

 

 

 

 

    「泥だらけの純情」

 

 

 

 

 

百恵・友和のコンビにとって初めての現代劇だ。

 

 

 

 

 

 

1962年に藤原審爾が発表した短篇小説が原作だ。

 

1963年に吉永小百合と浜田光夫の共演ですでに映画化されている。

 

 

 

 

 「泥だらけの純情(吉永小百合)」

 

 

 

百恵・友和によって2回目の「泥だらけの純情」の映画化だ。

 

 

 

 

 

この映画のテーマはチンピラ青年と富豪令嬢の純愛。

 

三浦友和演じるヤクザの高倉次郎が、山口百恵演じる外交官令嬢の樺島真美と偶然に出会い、許されない恋に落ちていくというストーリーだ。

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵と三浦友和は映画の他にドラマでも何度も共演しており、息はぴったり。

 

撮影はスムーズにとりおこなわれていくものと思われていたが・・・

 

 

 

 

ところが、この映画のあるシーンの撮影で二人はとんでもない苦労をさせられることになる。

 

 

 

そのシーンとは、次郎(三浦友和)と真美(山口百恵)が街で偶然に再会するという場面の撮影だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

現代劇なので、実際の街中で撮影は行われる。

 

 

 

とはいっても、日本とトップスターである山口百恵と、そしてゴールデンコンビを組む三浦友和。

 

東京の街の雑路でうかつに撮影などすれば、ファンが押し寄せ騒動になることは目に見えている。

 

そこで、撮影スタッフは新宿の地下駐車場に「作戦本部」を置き、混乱が起こらないよう慎重にタイミングを見計らいながら、短時間での撮影を計画していた。

 

 

 

しかし、いざ撮影を開始してみると・・・

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

予想をはるかに上回る早さと数でファンが百恵と友和を取り囲んだ。

 

それはまるで砂糖に群がる蟻の大群のごときであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

予定はあっけなく変更となった。

 

一定の場所での撮影はとりやめ。

 

そして、とにかくファンに捕まらないように、百恵と友和が臨機応変に場所を移動し、そして二人をカメラマンと照明さんが追いかけながら撮影する移動ロケ≠ニいう変則的な方法でこのシーンが撮影された。

 

おかげで、このシーンだけでなんと半日を要することとなった。

 

 

 

そして当の山口百恵は

 

 

「どこをどう撮られたのかさっぱりわからない・・・」

 

 

と、口にしていたという。

 

 

 

まあそれはそうだろう。

 

こんなやり方の撮影は、映画史上で後にも先にもなかったであろうから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ、「泥だらけの純情」は公開に向けて着々と撮影が進められていった。

 

 

 

「友和さんとのコンビの映画で現代劇は初めて。いい映画にしたいわ」

 

 

 

これが撮影中の百恵の口癖だった。

 

 

 

 

 

 

    「泥だらけの純情


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

宇津井健、草笛光子、宇崎竜童、阿木耀子に囲まれて
山口百恵の18歳の誕生日パーティーに宇津井健,草笛光子,宇崎竜童,阿木耀子らが集まった。特に、山口百恵の父親代わりを自認する宇津井健は感無量だったという。百恵も感激で声をつまらせていた。
山口百恵ファンクラブ誌「ぞう」5号
山口百恵のファンクラブ誌「ぞう」第5号は映画「風立ちぬ」「春琴抄」、ドラマ「赤い運命」「赤い衝撃」が特集された。
百恵が高校を卒業できない?
多忙な芸能活動を続けていた山口百恵は高校の主席日数が足りず、同級生と一緒に卒業することはできなかった。しかし、卒業式後も百恵は日出女子学園に通い続けた。なんとしても高校を卒業するために。
山口百恵、桜田淳子、森昌子の花のトリオが涙の解散コンサート
山口百恵、桜田淳子、森昌子の花のトリオが解散する。同い年でともに14歳で芸能界にデビューし「花の中3トリオ」としてお茶の間で大人気となった百恵、淳子、昌子。この3人も高校を卒業することとなり、トリオを解散することが決まったのだ。
山口百恵が主演女優としてカンヌ映画祭へ!
山口百恵主演の「春琴抄」が1977年のカンヌ映画祭に出品された。谷崎潤一郎原作の同作品が描く耽美主義、マゾヒズムを見事に表現しきった山口百恵と三浦友和。日本で最高の評価を得たこの作品が世界でも認められたのだ。
山口百恵、母親と二人きりの卒業式
山口百恵と母の山口正子さんが日出女子学園の門をくぐった。山口百恵の一人だけの卒業式に参加するために。出席日数不足のため高校を卒業できなかった百恵。しかし、同級生が卒業した後も一人で学校に通い、ついに卒業証書を手にしたのだ。
東京音楽祭で山口百恵の「夢先案内人」が銅賞受賞!
山口百恵が歌う夢先案内人が東京音楽祭で銀賞に輝いた。沢田研二、大橋純子、清水健太郎と日本を代表して参加し、世界の蒼々たるシンガーの中で堂々の受賞。山口百恵が国際的歌手になった瞬間だった。
「野菊の墓」で山口百恵の恋人役に佐久田修・・・って誰?
ドラマ「野菊の墓」の山口百恵の相手役が7新人俳優佐久田修に決まった。百恵演じる民子の相手役斎藤政夫が15歳の少年だったことから25歳の三浦友和では無理があったからだ。ゴールデンコンビではない山口百恵ドラマ。しかし、このドラマは好評だった。
「野菊の墓」のあらすじ
山口百恵主演ドラマ「野菊の墓」は絶賛された。恋人役の政夫が三浦友和でなかったのが残念ではあるが、それでも山口百恵の陰のある演技力が見る人を泣かせた。南田洋子、大坂志郎、北林谷栄など実力派俳優女優陣が脇を固めたこともこのドラマの完成度をぐっと高めた。
「泥だらけの純情」のあらすじ
外交官の令嬢の樺島真美(山口百恵)。一匹狼のヤクザ高倉次郎(三浦友和)。真美がチンピラにからまれていたところを偶然通りかかり助けた次郎。偶然の出会いから二人の間に許されない愛が生まれた。しかし、二人には暴力団の魔の手が忍び寄っていた。
山口百恵デビュー5周年記念特別公演¢3回「百恵ちゃん祭り」開催
山口百恵デビュー5周年記念特別公演≠ニ銘打って大々的に開催された第3回「百恵ちゃん祭り」。新宿コマ劇場の夏の恒例行事だ。今回の見どころは和洋折衷の演舞「蜘蛛の里」。山口百恵の危機迫る演技にファンは魅了された。
山口百恵、初めてのアメリカプライベート旅行へ
デビュー以来、日本のトップスターとして走り続けてきた山口百恵。デビュー5年目にして初めてアメリカにプライベート旅行に行くことが出来た。夢にまで見たディズニーランド。百恵は子供に返って楽しんだ。
石井ふく子大抜擢!山口百恵がTBS日曜劇場「美しい橋」で主演女優
山口百恵がTBS日曜劇場「美しい橋」の主演女優となった。当時の「日曜劇場」ではベテラン女優が主役を務めるのが通例だったが、山口百恵の演技力を高く評価している石井ふく子が百恵を大抜擢した。しかし共演は江藤潤。三浦友和でなかったことがファンを失望させた。
山口百恵、江藤潤と衝撃のキスシーン!!
山口百恵のキスシーン。それが三浦友和だったら良い。しかし、相手が友和以外の男優だったら・・・。日曜劇場「美しい橋」でその不安が現実のものとなった。江藤潤が山口百恵とキスをした。それは力道山へのブラッシーの噛みつきを彷彿とさせるものだった・・・。
水沢アキと破局した国広富之が山口百恵と「赤い絆」で恋人役!
赤いシリーズ第6弾「赤い絆」の山口百恵の恋人役は国広富之。これまで三浦友和以外で山口百恵の恋人役を演じた俳優はその後役者として伸び悩んだ。しかし、国広富之だけは山口百恵との共演後、役者として売れていったのだ。
山口百恵、松本清張の「霧の旗」でサスペンスに挑戦!
山口百恵・三浦友和のゴールデンカップルが松本清張の「霧の旗」に挑戦。山口百恵としては初めての汚れ役だ。三國連太郎演じる弁護士への復讐に執念を燃やす女を山口百恵が熱演。その圧倒的な演技力は既に大物女優の片鱗を見せていた。
前貼り伝説の三國連太郎と・・・
映画「霧の旗」で山口百恵が三國連太郎とベッドシーン。後の夫となる三浦友和も出演しているこの映画でわずか18歳の山口百恵が挑んだあまりにも衝撃的なシーンだった。
「霧の旗」のあらすじ
山口百恵主演映画「霧の旗」。この映画は兄の弁護の依頼を断った弁護士(三國連太郎)を恨み、復讐に燃える女(山口百恵)の怨念を描いた松本清張のサスペンスストーリーだ。アイドルを脱皮して見事に汚れ役≠演じ切った山口百恵が見る者を圧倒した。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳