和田アキ子主演映画「としごろ」で山口百恵が芸能界デビュー!

和田アキ子主演映画「としごろ」で山口百恵が芸能界デビュー!

和田アキ子主演映画「としごろ」で山口百恵が芸能界デビュー!



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

山口百恵の映画初出演が決まった。

 

松竹映画「としごろ」だ。

 

そして山口百恵にとって、これが芸能界での最初の仕事となる。

 

 

 

 

 

      「としごろ

 

 

 

 

山口百恵のデビューシングルのタイトルが「としごろ」であることから、この映画の主演女優も山口百恵と思っている人もいるかもしれないが、それは違う。

 

デビューしたばかりの新人が映画の主演を任せられるなど、そんな甘い話はない。

 

この映画「としごろ」の主役はすでにRnBの女王≠ニしての地位を確立していた和田アキ子なのだ。

 

そして、準主役としてすでに「せんせい」のヒットでスター歌手となっていた森昌子と、ホリプロ期待の新人歌手・石川さゆりが抜擢される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵は、森昌子・石川さゆりとおなじくホリプロのタレントではあったが、この映画ではほんのちょい役≠ノすぎなかった。

 

つまり、森昌子、石川さゆりとは最初から扱い≠ェ違っていたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

主役である和田アキ子は中学バレーボール部のコーチ。

 

 

 

 

 

 

そして、森昌子、石川さゆり、山口百恵らがその部員という設定だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、ゲスト出演として、村野武範、西城秀樹、堺正章などの豪華キャストが並んでいる。

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

ストーリーの中心にいるのが和田アキ子、森昌子、石川さゆり。

 

 

中学を卒業し就職した森昌子がある同僚の男性(夏夕介)と恋に落ちる。

 

 

 

 

 

現役のバレー部員であった石川さゆりは不良たちに暴行され妊娠し、自ら命を絶つ。

 

 

 

 

 

 

 

ちょっとわけのわからない衝撃的な筋書きで何とも言えない映画となっているが、その中で山口百恵演じる女子中学生は平凡なお金持ちのお嬢様で大したインパクトもない。

 

当時、この映画を見て、山口百恵が後に日本を代表する映画女優になると予想した者は誰もいなかったに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

なお、映画「としごろ」公開直後に山口百恵はデビュー曲「としごろ」を発表する。

 

 

 

 

      「としごろ

 

 

 

しかし、このデビュー曲「としごろ」と映画「としごろ」は何の関係もない。

 

ゆえに、映画「としごろ」の中で山口百恵のデビュー曲「としごろ」が挿入歌として使われることもない。

 

むしろ、挿入歌として使われたのは森昌子のデビュー曲「中学三年生」だった。

 

 

山口百恵の芸能界デビューは実に地味なものであったのだ。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

森昌子の家に居候して付き人?デビュー前に生まれた山口百恵と森昌子の友情
デビュー前の中学3年生の山口百恵は横須賀から上京し、森昌子の家に居候をすることになり、付き人として森昌子の仕事について回った。そして家に帰ると百恵と昌子は一つのベッドで一緒に眠りについていた。そんな二人の友情は今も続いているという。
花の中3トリオ≠フ落ちこぼれ?
「せんせい」が大ヒットし、史上最年少で紅白歌合戦に出場した森昌子。「わたしの青い鳥」で日本歌謡大賞新人賞を受賞した桜田淳子。しかし最後にデビューした山口百恵の「としごろ」は売れなかった。百恵は花の中3トリオ≠フ中で落ちこぼれていたのだ。
名プロデューサー酒井政利が青い性路線≠ノ転換!「青い果実」で山口百恵初ヒット
山口百恵のデビュー曲「としごろ」は失敗した。そこでプロヂューサー酒井政利は戦略を転換した。青い性路線≠P4才の可憐な少女に過激な歌詞を歌わせることで酒井は山口百恵をスター歌手に成長させた。
歌手であり女優であり受験生でもあった中3トリオ
中学3年生でありながら人気アイドルになった山口百恵、森昌子、桜田淳子。3人は学校に通い、そして受験勉強をしながら歌手に女優にと多忙を極めた。中学校で席が隣通しの山口百恵と桜田淳子は特に仲が良く、「絶対に高校に行こうね」と共に励まし合っていたという。
「顔で笑って」で山口百恵がTVドラマ初出演!宇津井健と初共演!
山口百恵はデビューした年にドラマに初出演している。そのドラマは「顔で笑って」。そして、ここで芸能界の父ともいえる宇津井健と初共演しているのだ。実の父親との確執があった百恵にとって、宇津井健は本当の父のように思えたのかもしれない。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳