女子プロレス界の女王マッハ文朱と歌謡界のトップスター山口百恵の死闘

女子プロレス界の女王マッハ文朱と歌謡界のトップスター山口百恵の死闘

女子プロレス界の女王マッハ文朱と歌謡界のトップスター山口百恵の死闘



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

マッハ文朱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和の女子プロレス界に彗星のごとく現れたスター。

 

 

プロレスの強さだけでなく、モデル並みのスタイルとアイドル並みのルックス(と、言われていた)そして歌手顔負けの歌唱力を持つマッハ文朱。

 

 

 

 

 

 

 

プロレスデビュー翌年の昭和50年には早々とチャンピオンになり、試合の後には自身の持ち歌を披露するなど、それまでの女子プロレス界にはなかった型破りのショーアップを見せて、女子プロレス界を牽引する存在となった。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

マッハ文朱が女子プロレス界で活躍していた当時。

 

芸能界にも燦然と輝くスターがいた。

 

 

 

そう。

 

山口百恵だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マッハ文朱が女子プロレス界のスターなら、
山口百恵は芸能界のスター。

 

 

 

 

 

 

 

マッハ文朱

 

 

 

 

 

 

 

山口百恵

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いったいどっちが真のスターなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦いは始まった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真のスターは自分だ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あの女に負けるはずがない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのプライドを賭けた命がけの戦いが繰り広げられた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談だが、スター誕生の決勝で山口百恵とマッハ文朱は争い、山口百恵が優勝した過去がある。

 

だからマッハ文朱は歌手になる夢を諦め、女子プロレスラーになった。

 

 

もし私が優勝していたら私がトップアイドルになって山口百恵が女子プロレスラーになっていたはず。くやしい。いつの日か山口百恵にリベンジしたい

 

 

そんな思いが、マッハ文朱にはあったのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイト!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それにしても・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この戦いに何の意味があったのだろうか?

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

大ファンだった西城秀樹と共演しサインをもらった新人時代の山口百恵
デビュー前の山口百恵は西城秀樹の大ファンで部屋に西城秀樹のポスターを張っていた。そんな山口百恵が芸能界での初仕事でなんと西城秀樹と映画で共演することになったのだ。
浅田美代子の「赤い風船」に惨敗した山口百恵のデビュー曲「としごろ」
山口百恵がデビューした昭和48年春。「時間ですよ」で芸能界デビューした浅田美代子が大ブレイクしていた。浅田美代子がデビューシングル「赤い風船」でオリコン1位を獲得している最中、山口百恵はデビューシングル「としごろ」をリリースしたものの全く売れなかった。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳