「8時だョ!全員集合」の裏番組「ナナハン学園危機一髪」で山口百恵が主役を張る

「8時だョ!全員集合」の裏番組「ナナハン学園危機一髪」で山口百恵が主役を張る

「8時だョ!全員集合」の裏番組「ナナハン学園危機一髪」で山口百恵が主役を張る



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

昭和55年5月3日

 

山口百恵の引退発表後の初めてのテレビドラマが放映された。

 

フジテレビ系の単発ドラマ「ナナハン学園・危機一髪」だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「ナナハン」という番組名はこのドラマが毎週土曜の午後7時半から放送されることに由来する。

 

裏番組はTBSのあの伝説のドリフターズの『8時だョ!全員集合』

 

 

 

 

 

 

 

     「8時だョ!全員集合

 

 

 

 

最高視聴率50%を超えるこのお化け番組≠ノ対抗すべく、フジテレビは毎回豪華な俳優陣をキャスティングしたオムニバス形式ドラマ「ナナハン学園・危機一髪」をぶつけてきたのだ。

 

 

 

 

 

「グッバイ・ミュージックメイト」の回で主演を張る元キャンディーズの伊藤蘭

 

 

 

 

 

 

 

また、ドラマの主題歌に、当時大ブレイクしていた甲斐バンドの漂泊者(アウトロー)

 

 

 

 

     「漂泊者(アウトロー)

 

 

 

 

 

 

そして、極めつけがこのドラマの第4話「もうさみしくなんかないぞ」で主演女優に抜擢された山口百恵だ。

 

 

 

 

 

 

 

いかにドリフの『8時だョ!全員集合』とはいえ、引退を発表した山口百恵に勝てるはずもない、というフジテレビの算段だ。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

引退する10月15日まで、山口百恵のスケジュールはこれまでにない程に過酷なものとなっていた。

 

 

 

そのため、山口百恵がこの「もうさみしくなんかないぞ」の撮影にかける時間はたったの5日。
リハーサル1日、本番4日間で撮り終えなければならなかった。
当然、撮影は早朝から深夜までに及んだ。

 

 

 

山口百恵が演じるのは教師志望の女子大生・羽生紀子。
当時21歳だった山口百恵と同世代の女性の役だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

百恵演じる羽生紀子は将来教師になるための経験を積むためにボランティアでカギっ子達を預かっている児童館で子供の世話を始めることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、児童館に行った初日、紀子は十数人のカギっ子達にいじめられてしまう。

 

「もうやめる」と弱音を吐いた紀子だったが、思い直した紀子は次の日も児童館に通った。

 

 

「この仕事、続けます。いつか私が本物の母親になる日のために・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引退会見で「私は子供好きですし、たくさんいたほうが賑やかでいいと思います」と語っていた山口百恵。

 

このセリフはその当時の自分の心境と重なる部分があったに違いない。

 

 

 

 

 

荒川べりで大勢の子供達に囲まれて行われたロケ。

 

その子供たちの中には子役時代の西尾まりもいた。

 

 

 

 

 

 

 

チンパンジーやヤギもいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供も動物も大好きなので楽しいわ

 

 

 

 

睡眠時間もほとんどとれないようなハードスケジュールだった山口百恵だが、本当にこのドラマの撮影は楽しかったようだ。

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

三浦友和との婚約発表、そして衝撃の引退表明!山口百恵が引退の理由を語る
山口百恵と三浦友和が婚約発表をした。と同時に山口百恵が芸能活動から引退するという衝撃の事実も明らかになった。
アンルイス・桑名正博の結婚式に山口百恵・三浦友和がそろって出席
親友同士だった山口百恵とアン・ルイスは偶然にも同じ昭和54年に結婚した。しかし、三浦友和の妻として幸せになった山口百恵とは違い、桑名正博と結婚したアン・ルイスには辛い人生が待ち構えていた。
山口百恵最後の主演映画「古都」の制作発表。そこに三浦友和の姿はなかった・・・
引退発表した山口百恵最後の主演映画は川端康成の「古都」に決まった。ファンは三浦友和との共演を期待していた。しかし、「古都」の制作発表の場に三浦友和の姿はなかった。
映画監督市川崑が三浦友和を「古都」に緊急招集!
山口百恵最後の主演映画が川端康成の「古都」に決まった。三浦友和の出演がなかったことへの国民の反発が大きかったことから、監督の市川崑は急遽、原作にないキコリの役を作り三浦友和を出演させることにした。
「古都」のあらすじ
生き別れた双子の姉妹千恵子と苗子(山口百恵の一人二役)。赤ん坊の時に親に捨てられた姉の千重子は呉服問屋に拾われ裕福な生活を送っていた。一方の妹苗子は両親を亡くして村で貧しい暮らしをしていた。大人になった千重子と苗子は偶然に再開。千重子は苗子と一緒に暮らすことを願う。
結婚引退前の山口百恵が独身最後の旅へ
結婚引退を控え過酷なスケジュールで埋め尽くされて山口百恵がヨーロッパに独身最後の旅行に行った。といっても、もちろんテレビ番組のロケだ。山口百恵はヨーロッパ各地を巡りながら、引退を控えた現在の心境を語った。
篠山紀信が妻・南沙織よりも写真を撮っていた女優
妻となる南沙織の写真を撮らなかった巨匠・篠山紀信。その篠山紀信が最も写真を撮った女優は時代と寝た女℃R口百恵だった。篠山紀信は山口百恵の引退前に、山口百恵の全記録となる写真展「百恵も燃え」を開催した。
山口百恵引退前の最後のテレビドラマ「赤い死線」の制作発表
赤いシリーズ最終作となる「赤い死線」の制作発表がなされた。そしてこれが山口百恵最後のテレビドラマでもあった。相手役は夫となる三浦友和。山口百恵は引退前の過密スケジュールの中でこのドラマの撮影に臨んだ。
「赤い死線」のあらすじ
山口百恵最後のテレビ番組である「赤い死線」。山口百恵は夜の街のダンサーで三浦友和は殺人事件の容疑者。二人は故郷の北海道に帰るために殺人の真犯人を探し続けた。
山口百恵がマイクを置いた!!涙の引退コンサート
結婚引退を間近に控えた山口百恵が日本武道館でファイナルコンサートを開催。デビューからの様々なヒット曲を披露し、最後は涙を堪えながら「サヨナラの向こう側」を熱唱。そして、歌い終えた山口百恵はステージ上にそっとマイクを置いて去っていった。
「夜のヒットスタジオ」で山口百恵が最後のテレビ生出演!
引退前の山口百恵「夜のヒットスタジオ」の特番「サヨナラ山口百恵」に出演した。これが最後のテレビ生出演だ。桜田淳子、森昌子など仲の良かった歌手たちに囲まれながら、山口百恵は最後の歌「さよならの向こう側」を歌い切った。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳