「古都」のあらすじ

「古都」のあらすじ

「古都」のあらすじ



このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

昭和55年12月20日

 

山口百恵の最後の主演映画が公開された。

 

 

映画のタイトルは「古都

 

文豪川端康成原作の小説を映画化したものだ。

 

 

 

同年10月15日の引退で山口百恵を失ってしまった日本国民は挙って映画館に足を運んだ。

 

 

では、映画「古都」のストーリーを簡単に紹介しましょう。

 

 

 

 

 

      「古都

 

 

 

 

 

 

 

北山杉の職人の家に双子の姉妹が生まれた。

 

 

しかし、家は貧しく、また、「双子は育ちにくい」という迷信があったことから父は双子の姉を捨てた・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

主人公の一人である佐田千重子。

 

 

 

 

 

 

千重子は京呉服問屋の佐田太吉郎と妻・しげの一人娘として何不自由なく育てられた。

 

 

だが、千重子は太吉郎としげの実の娘ではなかった。
千重子が中学生の時に、その事実を父母から知らされた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ある日、千重子は北山杉の村に行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、そこで自分に瓜二つの村の娘に出会った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二人の娘はお互いの顔を見て、動揺した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからしばらくして、千重子は祇園祭の夜に、八坂神社にお詣りに行った。

 

千重子は、そこで、以前に北山杉で出会った自分にそっくりな娘と再会した。

 

 

 

 

 

 

 

 

娘の名前は苗子。

 

苗子は千重子の手を握ってこう言った。

 

 

……あんた、姉さんや、神様のお引き合せどす

 

 

 

 

 

苗子には幼い頃に生き別れた双子の姉がいた。

 

千重子と苗子は双子の姉妹だったのだ・・・。

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

千重子が捨てられた後、苗子は貧しい生活ではあったが、父と母と3人で暮らしていた。

 

 

しかし、やがて父は杉から落ちて死んだ。
そして、母も病気で亡くなってしまった。

 

父と母を失った苗子は北山杉の持ち主の元で働きながら生きていくことになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、父に捨てられた姉の千重子は裕福な京呉服問屋に拾われて幸せな生活を送っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生き別れた姉妹が再会した。
しかし、二人の境遇はあまりにもかけ離れたものであった。

 

 

 

 

 

千重子と苗子はしばしば二人で会うようになった。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、姉の幸せな生活を壊してはいけないと気遣う苗子は、人目を憚って千重子と会うようにしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて千重子は苗子のことを呉服問屋の両親に打ち明けた。
千重子の父と母は苗子を家に迎え入れ、一緒に暮らそうと言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、苗子は姉千重子の迷惑になることを恐れた。

 

 

 

 

 

ある夜。
苗子は千重子の家に招かれた。

 

そして二人きりで一夜を過ごした。

 

それは苗子にとって、そして千重子にとっても、今生最上の喜びであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千重子は苗子に言った。

 

 

ずっと側に居て欲しい

 

 

 

 

しかし、苗子は千重子と共に生きる道を選ぶことはできなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

苗子は千重子のものと離れて、山へ帰っていった。

 

そして、二人が再び会うことはなかった・・・

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   




Sponsored Link


関連ページ

三浦友和との婚約発表、そして衝撃の引退表明!山口百恵が引退の理由を語る
山口百恵と三浦友和が婚約発表をした。と同時に山口百恵が芸能活動から引退するという衝撃の事実も明らかになった。
「8時だョ!全員集合」の裏番組「ナナハン学園危機一髪」で山口百恵が主役を張る
引退発表直後の山口百恵がTBSドラマ「ナナハン学園危機一髪」に主演した。裏番組はドリフの『8時だョ!全員集合』。山口百恵は主演女優としてあのお化け番組に果敢に挑んだのだ。
アンルイス・桑名正博の結婚式に山口百恵・三浦友和がそろって出席
親友同士だった山口百恵とアン・ルイスは偶然にも同じ昭和54年に結婚した。しかし、三浦友和の妻として幸せになった山口百恵とは違い、桑名正博と結婚したアン・ルイスには辛い人生が待ち構えていた。
山口百恵最後の主演映画「古都」の制作発表。そこに三浦友和の姿はなかった・・・
引退発表した山口百恵最後の主演映画は川端康成の「古都」に決まった。ファンは三浦友和との共演を期待していた。しかし、「古都」の制作発表の場に三浦友和の姿はなかった。
映画監督市川崑が三浦友和を「古都」に緊急招集!
山口百恵最後の主演映画が川端康成の「古都」に決まった。三浦友和の出演がなかったことへの国民の反発が大きかったことから、監督の市川崑は急遽、原作にないキコリの役を作り三浦友和を出演させることにした。
結婚引退前の山口百恵が独身最後の旅へ
結婚引退を控え過酷なスケジュールで埋め尽くされて山口百恵がヨーロッパに独身最後の旅行に行った。といっても、もちろんテレビ番組のロケだ。山口百恵はヨーロッパ各地を巡りながら、引退を控えた現在の心境を語った。
篠山紀信が妻・南沙織よりも写真を撮っていた女優
妻となる南沙織の写真を撮らなかった巨匠・篠山紀信。その篠山紀信が最も写真を撮った女優は時代と寝た女℃R口百恵だった。篠山紀信は山口百恵の引退前に、山口百恵の全記録となる写真展「百恵も燃え」を開催した。
山口百恵引退前の最後のテレビドラマ「赤い死線」の制作発表
赤いシリーズ最終作となる「赤い死線」の制作発表がなされた。そしてこれが山口百恵最後のテレビドラマでもあった。相手役は夫となる三浦友和。山口百恵は引退前の過密スケジュールの中でこのドラマの撮影に臨んだ。
「赤い死線」のあらすじ
山口百恵最後のテレビ番組である「赤い死線」。山口百恵は夜の街のダンサーで三浦友和は殺人事件の容疑者。二人は故郷の北海道に帰るために殺人の真犯人を探し続けた。
山口百恵がマイクを置いた!!涙の引退コンサート
結婚引退を間近に控えた山口百恵が日本武道館でファイナルコンサートを開催。デビューからの様々なヒット曲を披露し、最後は涙を堪えながら「サヨナラの向こう側」を熱唱。そして、歌い終えた山口百恵はステージ上にそっとマイクを置いて去っていった。
「夜のヒットスタジオ」で山口百恵が最後のテレビ生出演!
引退前の山口百恵「夜のヒットスタジオ」の特番「サヨナラ山口百恵」に出演した。これが最後のテレビ生出演だ。桜田淳子、森昌子など仲の良かった歌手たちに囲まれながら、山口百恵は最後の歌「さよならの向こう側」を歌い切った。



13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳 21歳