昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

大島渚を殴った野坂昭如に歯を磨かせた山口百恵

大島渚を殴った野坂昭如に歯を磨かせた山口百恵



このエントリーをはてなブックマークに追加   



野坂昭如

 

 

 

 

 

 

 

この名前を聞くと最初に思い浮かべるのが、やはりこれだ。

 

 

 

 

そう

 

大島渚殴打事件

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事件の発生を予期していた者は誰もいなかった。

 

 

その日は『愛のコリーダ』『戦場のメリー クリスマス』などで世界にその名を轟かす映画監督大島渚と女優小山明子との結婚40周年記念パーティー。

 

野坂昭如は来賓として式に参加しておりスピーチを読む予定だった。

 

 

 

 

ところが、いつまでたっても野坂昭如がステージに呼ばれない。

 

長時間待たされてようやく野坂昭如がステージに招かれた時には既に彼の怒りのボルテージが頂点に達していた。

 

 

 

 

 

最初はおとなしくスピーチを読みあげる野坂昭如。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

が、スピーチが終った瞬間に、それは始まった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「野坂先生、ありがとうございました!!」

 

 

 

 

 

 

「・・・・ん?」

 

 

 

 

 

 

 

       ボコッ!!

 

 

 

 

 

 

「?????????」

 

 

 

 

 

 

「???・・・・・」

 

 

 

 

 

 

「??・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       ブォクォッッツツ!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   殴ることはないだろう!!

 

 

 

 

 

 

大島渚は叫んだ。

 

全くその通りだと思う。

 

 

 

 

また、野坂昭如にはダウンタウン浜田雅功との壮絶な殴り合いがあったことでも知られている。

 

 

 

       バシッ!!

 

 

  

 

 

 

       ガシッ!!

 

 

 

 

 

 

 

だが、勘違いしないで欲しい。
野坂昭如はけっして野蛮なだけの人物ではないのだ。

 

 

 

 

実は、野坂昭如。
直木賞作家なのだ。

 

 

 

   「火垂るの墓

 

 

『火垂るの墓』と言えば知っている人も多いはず。
この小説は戦時中に栄養失調で妹を亡くした野坂本人の実体験から生まれたものなのだ。

 

 

 

 

 「おもちゃのチャチャチャ

 

 

また、野坂昭如のキャラとは全くかけ離れているが、実は野坂は童謡「おもちゃのチャチャチャ」の作詞家でもある。

 

 

 

さらには、放送作家、シャンソン歌手、漫才師としての顔も持っている。

 

つまりは、野坂昭如は類まれなる才能を持つエンターティナーなのだ。

 

 

 

 

だから、その感性は凡人にはおよそ理解できない。

 

 

 

 

野坂昭如には譲れないこだわりがいくつかあるという。

 

そのなかで、二つのこだわりを紹介しよう。

 

 

 

 

その一つ

 

 

 

 

「俺は髪に櫛を入れない」

 

 

 

 

 

その理由は明快で「髪が抜けるのが怖いから」だ。

 

櫛が原因で禿げるとは考えにくいが、櫛を入れない人間は野坂昭如以外にも存在するだろう。
このこだわりはまぁ良しとしよう。

 

 

 

 

 

 

しかし、問題はもう一つのこだわりだ。

 

 

 

 

 

 

「俺は戦争が終わってから一切歯を磨いていない」

 

 

 

 

 

これは解せない。

 

野坂自身がその理由を明らかにしていないのでそこは推測するしかない。するしかないのだが、どうにも解決の糸口すら見えてこない。

 

 

あるいは戦時中の飢えていた経験が「歯に付いた食べ物の残りカスすらもったいなくて捨てられない」と思わせるのだろうか?

 

 

実感としてとらえようがない。
戦争を知らない世代であり、特別な才能も持ち合わせていない私には、やはり到底理解できるものではなさそうだ。

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

 

 

だが、ついに野坂昭如がそのこだわりを捨てさる日がやってきた。

 

それは日本の終戦から33年後の昭和53年4月4日のことだった。

 

 

 

 

野坂昭如にそのこだわりを捨てさせたのは、そう。

 

他でもない山口百恵だ。

 

 

 

 

 

 

 

実は野坂昭如。
無類の山口百恵好きとして知られている。

 

 

すでに日本を代表するエンターティナーとしての地位を確立していた野坂昭如が、まだ10代である山口百恵をして「戦後、初めてのスター。華やかさを持った15代羽左衛門以来だ」と絶賛するほどだったのだ。

 

 

「15代羽左衛門」が何者なのかはさっぱりわからないが、とにかくあの野坂昭如が言うのだからそれはとにかくすごい人だったのだろう。
そして、野坂はそれほどまでに山口百恵に憧れていたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その野坂昭如がNHKの看板番組「ビッグショー」で山口百恵と共演することになった。

 

 

山口百恵19歳。野坂昭如47歳の時だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

野坂昭如は髪を櫛で整えてステージに上がった。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、傍若無人で知られる野坂昭如が、娘ほどに歳の離れた山口百恵に対して終始一貫して敬語で接していたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて野坂は、意を決したかのように山口百恵に向かってステージ上で告白した。

 

 

 

 

 

   「僕は今日、歯を磨いて来ました」

 

 

 

 

 

 

 

 

      「・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狂犬・野坂昭如をも手懐ける山口百恵。

 

 

やはり、山口百恵は戦後最大のスターなのだ。

 

 

 

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

山口百恵・三浦友和の餅つきに警官出動?!
正月の東宝映画「霧の旗」のヒット祈願として主演の山口百恵と共演者の三浦友和による餅つき大会が新宿で開催された。しかし、新宿の予想を上回る数のファンが殺到し人命に危険が生じたため四谷署から警官が出動。餅つき大会は僅か3分で中止となった。
大阪梅田コマで百恵ちゃん祭り?!
昭和53年1月。百恵ちゃん祭りが大阪梅田コマで開催された。山口百恵見たさに大量の大阪人が集まった。大阪百恵ちゃん祭りは大盛況に終わったが、大阪での開催は1度きりだった。
伊藤博文の妻・梅子を演じた山口百恵
明治維新の立役者であり初代内閣総理大臣となった伊藤博文とその妻・梅子の生涯を描いたTBSドラマ「風が燃えた」で伊藤博文の青年時代を三浦友和が、そして妻梅子を山口百恵が演じた。ドラマは驚異的な視聴率を叩きだした。
「風が燃えた」のあらすじ
近代日本黎明期に活躍した初代内閣総理大臣伊藤博文の、松下村塾入門から暗殺までの生涯を描いたドラマ「風が燃えた」。伊藤博文の青年期「俊輔」を三浦友和が、そしてその妻・梅子を山口百恵が演じた。後半の壮年期は平幹二朗と三田佳子。超豪華キャストによる圧巻のドラマだ。
萩本欽一がスター誕生を辞めた時・・・
歌手山口百恵の原点「スター誕生」。その番組の司会を務めていた欽ちゃん≠アと萩本欽一が降板した。スタ誕内でお別れ会が開催された。森昌子、桜田淳子ら卒業生が一堂に集まった。そこで、泣かない女≠ニ呼ばれた山口百恵が涙したのだ。
スキャンダルの帝王ジェームス三木の脚本に挑戦!
ゴールデンコンビ山口百恵・三浦友和の映画第8弾はジェームス三木脚本の「ふりむけば愛」。百友映画初めての完全オリジナル脚本だ。スキャンダルの帝王ジェームス三木が書いた作品だけあって山口百恵・三浦友和にとって新境地となる映画になった。
「ふりむけば愛」のあらすじ
ジェームス三木書下ろしの映画「ふりむけば愛」。平凡に生きてきた石黒杏子(山口百恵)とサンフランシスコで自由奔放に生きる田丸哲夫(三浦友和)が出会い恋に落ちていくというラブストーリーだ。百友映画では珍しくハッピーエンドとなっている。
親友アン・ルイスとアメリカへ
「六本木心中」「あゝ無情」などでロックの女王に君臨したアン・ルイス。山口百恵の芸能界における唯一の親友だった。引退後の山口百恵がアン・ルイスの「ラ・セゾン」の作詞をしたことでも二人の友情は有名だ。そんな二人が仕事を休んでアメリカに旅行に行った。
作詞家「横須賀恵」の処女作「銀色のジプシー」を百恵ちゃん祭りで披露
第4回百恵ちゃん祭りで山口百恵は選曲、衣装選び、構成などの舞台作りにも積極的に参加した。また「横須賀恵」として初めて作詞した「銀色のジプシー」を舞台で歌った。山口百恵は本物のアーティストに進化していったのだ。
山口百恵詐欺事件の犯人は今・・・
東京目黒の交通安全運動に「山口百恵が出る」という嘘の情報が流れた。ニセ情報を信じた山口百恵ファンが一斉に目黒に集まった。目黒署は対応に追われた。山口百恵にまつわる怪情報は社会を大混乱に陥らせるほどの影響力を持っていたのだ。
山口百恵が未婚の母に・・・
TBSドラマ「人はそれをスキャンダルという」で山口百恵が未婚の母を演じることになった。相手役は永島敏行。さらには、夏夕介、篠田三郎。様々ま男性との出会いと別れを繰り返しながら、一人息子を育てていく女性の波乱万丈の物語だ。
「人はそれをスキャンダルという」のあらすじ
山口百恵演じる小野寺信子は父の死後、異母妹に振回されたり、ある男性の子供を妊娠するも結婚はせず未婚の母となるなど波乱万丈の人生を送るようになった。「人はそれをスキャンダル」は山口百恵にとって初めて挑戦するジャンルのドラマだった。
若い頃の浅丘ルリ子が演じた『執炎』(しゅうえん)きよのを山口百恵が
若い頃の浅丘ルリ子が演じた『執炎』(しゅうえん)の「久坂きよの」を山口百恵が演じることになった。相手役は三浦友和で映画タイトルも「炎の舞」と変わった。大女優・浅丘ルリ子でもヒットしなかった同映画に山口百恵が挑戦したのだ。
「炎の舞」のあらすじ
山口百恵・三浦友和の主演映画「炎の舞」。出征した夫・拓治(三浦友和)への執念にも似た愛情が爆発し能面をつけて踊り狂う妻きよの(山口百恵)。やがて拓治は戦死し、それを知ったきよのも海に入り自らその命を絶った・・・
「プレイバックPart2」で紅白史上最年少のトリに!
山口百恵が19歳でNHK紅白歌合戦のトリを務めた。ベテラン大物演歌歌手だけがトリを務めていた当時の紅白では異例中の異例。しかも史上最年少記録だ。歌は「プレイバックPart2」。山口百恵は日本歌謡界の歴史を変えたのだ。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳