昭和の歌姫山口百恵の語り継がれる伝説

森昌子、桜田淳子との運命の出会い

森昌子、桜田淳子との運命の出会い



このエントリーをはてなブックマークに追加   



スター誕生で十数社の芸能プロダクションにスカウトされた山口百恵。

 

 

 

 

 

よもや合格するはずもないと思っていた山口百恵の母は百恵の芸能界入りに反対した。

 

 

しかし、百恵は本気だった。

 

 

「高校だけは必ず卒業する」

 

 

そう約束して、百恵は母を説得した。

 

 

 

 

 

母親の許しを得た百恵は、ホリ・プロダクションに所属することになった。

 

そして、このホリ・プロには、百恵の芸能界入りのきっかけとなった「スター誕生」で先に合格していた森昌子がいた。

 

そして、この森昌子こそが、百恵がテレビで「スター誕生」を見ていたときに衝撃を受けた「同じ13歳の女の子」だったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

横須賀に住んでいた百恵は、芸能活動を開始するに当たって、東京に引越すことになり、中学校も東京の品川中学校に転校することになった。

 

 

 

Sponsored Link

 

 

 

そして、その品川中学校にも、同じ「スター誕生」で歌手デビューすることが決まっていた13歳の女の子がいた。
その子の名は桜田淳子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後、山口百恵は、森昌子、桜田淳子とともに花の中三トリオ≠ニ呼ばれ、一躍スターとなることになる。

 

 

 

何気なくテレビを見ていて、13歳の女の子に衝撃を受け、オーディションを受けようと思っていた時の山口百恵には、想像もしなかったことであろう。

 

 

 

 

 

 

     『スター誕生!』

 


このエントリーをはてなブックマークに追加   



Sponsored Link


Sponsored Link


関連ページ

昭和の歌姫「山口百恵」の誕生
伝説の歌手「山口百恵」の誕生のきっかけは新人歌手発掘番組の「スター誕生」だった。中学1年生だった山口百恵は同番組に同じ13歳の森昌子が出ていることに刺激され、番組への出場を決意。そして、同番組で見事合格するのであった。
「3人娘」の初代メンバーに石川さゆり?
ホリプロ社長堀威夫が当初企画していた「ホリプロ3人娘」のメンバーは森昌子、桜田淳子、石川さゆり。山口百恵は入っていなかった。桜田淳子がサンミュージックに取られてしまったことから、山口百恵はホリプロに所属することになったのだ。





13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 18歳 19歳 20歳